春の金沢 まつり、イベント情報 金沢城まつり 金沢友禅まつり 人形供養 鶴仙渓川床設置 浅野川鯉流し 金沢百万石まつり  

暮らしのエッセンス

春の金沢 金沢城公園周辺で行われるまつり、イベント情報

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

兼六園金沢城公園も真っ白に雪化粧。
能登、金沢といえば寒~い冬のカニ料理と温泉も良いですが、やっぱり雪がとけた後の春は何ともいえない良さがありますよね。

 

待ちに待った『金沢の春』を紹介します。

 

◆金沢城まつり

4月/金沢市 金沢城公園

金沢城公園二の丸広場で行われるイベント。五十間長屋と菱櫓(ひしやぐら)のそばにステージが設けられ、さまざまな催しが行われます。

 

◆鶴仙渓川床設置

4月/加賀市 山中温泉

山中温泉を流れる大聖寺川の景勝地「鶴仙渓(かくせんけい)」は、江戸時代、「おくのほそ道」の道中、逗留(とうりゅう)した松尾芭蕉(ばしょう)も感嘆した渓谷美が広がります。

 

川床(かわどこ)は、あやとりはし近くの遊歩道沿いに設置され、渓谷の深い緑と清らかな水の流れ、野鳥のさえずりが楽しめます。

 

 

 

◆人形供養

4月29日/真成寺

長年親しんできた、役目を終えた人形を感謝の気持ちを込めて供養する行事。

 

卯辰山中腹の東山にある、鬼子母神をまつる安産祈願の寺「真成寺」は子授けを祈願する人が多く訪れるが、人形供養の寺としても有名です。

 

◆浅野川鯉流し

5月上旬/浅野川大橋~梅の橋界隈浅野川鯉流し

禅流しの名所である浅野川に、鯉のぼりが流されます。

 

あたかも生命を吹きこまれたかのように赤・青・黒など様々な色の鯉のぼりが川面に泳ぐ姿は圧巻。

 

また屋台の出店もあるので、河川敷での祭り気分を堪能できます。

 

 

◆友禅まつり

5月17日/龍国寺

加賀友禅の祖・宮崎友禅斎の遺徳をしのぶ祭典。

大正9年、東山の龍国寺にて友禅斎の墓碑が発見されたことが発端となり、友禅忌が定められました。友禅斎法要のほか、加賀友禅制作に使用した筆や刷毛などの「筆供養」も行われています。

 

◆金沢百万石まつり

行列は6月の第1土曜/金沢市内

前田利家公が金沢城に入城し、金沢の礎を築いた偉業をしのんで開催される初夏の一大イベント。

 

メインは、豪華絢爛の百万石行列。

主役である利家役には毎年俳優が起用され、利家公の入城を再現する武者行列がラストを飾ります。

 

金沢城夜桜

 

金沢市観光協会公式サイトより

 

 

タグ :                  

さくら

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車