アウトドア 山岳保険 モンベル 山登り 登山 ハイキング保険 キャンプ 野遊び 山菜取り レスキュー費用 山の遭難・捜索費用

暮らしのエッセンス

登山、ハイキングをするときは?山岳保険入ってますか

読了までの目安時間:約 6分

スポンサードリンク

秋の行楽シーズンも間近ですね。

登山ブームで年々秋山は大盛況のようです。

 

一方で、全国の山岳遭難者の数は増えています。
県警や消防署による山岳遭難救助はヘリコプター代を含めて無料の自治体がほとんどだといわれていますが、民間出動の場合、5万~50万円の費用が発生することもあります。

 

もし遭難した場合、捜索費用は莫大になることがあるとしたら、山岳保険の加入は、登山者、ハイカーのマナーといえるでしょう。

 

山岳保険とはどんなもの?について紹介します。

 

 

傷害保険と山岳保険

「傷害保険」と「山岳保険」の大きな違いは、救援者費用の補償があるかないかですが、保険会社によっては、普段加入している保険に救援者費用が特約でつけられる場合もありますので確認してみることをおすすめします。

 

山岳保険 二つのタイプ

山岳保険には、大きく分けると二つのタイプがあります。

ひとつは、登攀や雪山など本格登山を対象にした保険。

 

もうひとつは、軽登山やハイキングなど危険度が少ない登山を対象にした保険です。

 

山岳保険の救援者費用と遭難捜索費用
『救援者費用』とは、日本国内または国外において生じた遭難等の事故により、保険契約者、被保険者、親族が負担した遭難救助費用、交通費、宿泊費、移送費用、諸経費のことです。

 

「救援者費用等補償特約」ではこれらの費用が補償されます。ただし、ピッケル、アイゼン、ザイル、ハンマー等の登山用具を使用する山岳登はん等の事故については、救援者費用等補償特約で補償されません。
こちらで保障されるのは軽登山やハイキングが対象のようです。

 

秋のハイキング

 

『遭難捜索費用』とは、日本国内において山岳登はんの行程中に遭難した場合に、遭難した被保険者を捜索、救助または移送する活動に要した費用のことです。

 

本格登山の方はこちらを参考にして下さい。
モンベル山岳保険の「遭難捜索費用特約」ではこれらの費用が補償されます。

 

山岳保険 二つの契約方法

契約方法にも二つの方法があり、ひとつは年間で契約するタイプ、もうひとつは単発で契約するタイプです。

 

1年を通じて頻繁に登山をする人は、年間契約タイプがおすすめですが、年に数回かしか登山をしないという人は、その都度、数百円で契約するタイプもあり経済的でおすすめです。

 

インターネットから申し込みができ、「 明日 山に行きたい!」という場合も保険の加入がすぐにできるので、ぜひ活用しましょう。

 

モンベル 野あそび保険(国内旅行傷害保険)

保険料=250円、500円
期間=1泊2日、3泊4日、6泊7日
補償内容=死亡・後遺障害、入院、個人賠償責任、携行品、救援者費用等

 

モンベル保険

 

スタンダード&プアーズ による保険財務格付では、引受保険会社である富士火災海上保険の信用格付けを「A+」と評価しています。

これは、保険金の支払いが集中してもキチンと支払われるだけの能力があるということです。

 

富士火災 評価

 

未組織登山者
近年の遭難事例の背景には、40歳以上の中高年登山者による事故(滑落、転倒、疲労、発病など)の増加も要因として考えられますが、最大の特徴としては、山岳会などに属さない「未組織登山者」の増加が大きく影響していると考えられています。

 

登山の技術、装備についての知識を十分に持たない、自己流の登山者が増加している事態が浮き彫りとなっています。

 

よく言われているのが、「たとえ軽登山であっても備えには万全を期して!」です。
おすすめしたい「もしも」に備える装備は、
安全登山のためのヘルメット、低体温症への備え 身体を冷やさないための装備、そして、不測の事態に心強い「ツエルト」です。

 

ツェルト

 

不測の事態が起こるアウトドアで、心強い機能を備えたツエルトは、急なビバークの時などには、かぶって使用できます。

 

その際、周囲を見渡せるようベンチレーター(換気口)は顔が出せる大きさに設定してあります。

持ち運びにかさばらないコンパクト収納になっています。

 

万一の備えがあってこそのお楽しみ。
家族に喪失感と経済的な損失感を味わせないようお願いします。

モンベル野遊び保険公式サイトより

 

 

タグ :    

キャンプ・バーベキュー

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車