2017年 ゴールデンウィーク 2017年GW 国内旅行先 都道府県別 人気上昇エリアランキング 関東穴場 おすすめスポット 中部エリア レゴランド名古屋 離島人気

暮らしのエッセンス

ゴールデンウィーク2017 混雑しそうなイベントは?穴場は?

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

2017年のゴールデンウィークは最大9日間です。

 

国内旅行予約動向調査(3月1日時点で集計:楽天)によると青森県がダントツの1位でした。

温泉、友人との女子旅など、ゴールデンウィーク

1位 青森県 38.1%増
2位 三重県 35.4%増
3位 鹿児島県 28.4%増
4位 埼玉県 24.3%増
5位 高知県 24.0%増
6位 沖縄県 20.9%増
6位 香川県 20.9%増
6位 茨城県 20.9%増
9位 長崎県 20.0%増
10位 神奈川県 19.8%増
(楽天トラベル調べ)

 

今年は宿泊日から6ヶ月以上前の予約の件数が15.3%増。10ヶ月以上前については36.1%増となるなど、早期予約が増加したということです。

1位の青森県は桜の満開の時期がゴールデンウィークに近いと予想される弘前・黒石エリア八甲田・奥入瀬・十和田湖周辺エリアが人気度アップのようです。

 

世界遺産「白神山地」や星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルなど人気の温泉も沢山ありますし、何よりこの時期は自然が素晴らしく良いです。

 

また、今年1月には中国の奥凱航空(BK)が天津/青森間の定期便チャーターを就航しており、訪日客の予約が284.6%増と大幅に増加の模様。

 

十和田湖

 

2位の三重県は、4月21日から5月14日まで開催する「第27回全国菓子大博覧会・三重(お伊勢さん菓子博2017)」の影響で増えているそうです。

 

志摩エリアについては、志摩スペイン村を訪れる子供連れの家族客の予約が大きく増加しているようです。

 

広大な敷地に数多くのアトラクションや施設が存在している志摩スペイン村には、魅力的なものが点在しているので、景観は素晴らしく、開放感を感じられます。

 

スペインの家庭料理や本場ダンサーのフラメンコショーなど、他では味わえないものが楽しめるのも魅力です。

 

鹿児島県は、沖永良部島・与論島エリアや、バニラエア(JW)が3月に関空/奄美大島線を就航した奄美大島・喜界島・徳之島エリアなど離島が人気を集めています。

 

今年のゴールデンウィークにこれから国内旅行を計画するとしたら「名古屋のレゴランド」はいかがでしょう?!

 

また、川崎市にある「生田緑地東口ビジターセンター」埼玉県行田市にある「忍城(おしじょう)」&「埼玉古墳群」など近くで割と混雑していない穴場などもおすすめです。
参考:yahooニュース

 

 

タグ :     

ゴールデンウィーク

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車