監獄のお姫さま  10月ドラマ 紹介 10月スタートの新番組 TBS火曜10時ドラマ 内容 キャスト 脚本家宮藤官九郎 魅力紹介 感想と期待 

暮らしのエッセンス

10月スタートドラマ ”監獄のお姫さま” 絶対見逃せない宮官ワールドだ!

読了までの目安時間:約 4分

スポンサードリンク

監獄のお姫さま
宮藤官九郎さんといえば、映画『木更津キャッツアイ』や NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で有名な脚本家です。

 

もう、知らない人はいないでしょう!
『精神年齢中学生』と自称されるほどすごい感性の持ち主!

 

その人気脚本家・宮藤官九郎が満を持して手掛ける“おばちゃん犯罪エンターテインメント”が10月からスタートします。

 

 

火曜ドラマ  監獄のお姫さま

キャスト:小泉今日子(主演)、満島ひかり、菅野美穂、夏帆、坂井真紀、森下愛子

 

ドラマは、女子刑務所の中という過酷な状況でたくましく生きる女たちの群像劇。

 

罪を犯してしまった、生きることに不器用な人間たちの切なさや悲しさを、時に笑えて、時に泣ける物語として描くとともに、「人はなぜ生きるのか?」「幸せってなんだろう?」という真面目なテーマを、面白く、明るく、そして深く問いかける作品だそうです。

 

今まで誰も見たことのないクライムエンターテインメントだそうです。

 

監獄のお姫さま

 

宮官さんは、自分も中年になって若いころのテンポよりおばちゃんのおしゃべりをず~っと聞いてる方が合ってる感じになったから、彼女たちのおしゃべりをエンドレスで聞ける場所はどこか、と考えて舞台を女子刑務所に設定したんだよって。そこからすでに変だよね!

 

おばちゃんの特徴を「早口」、「声が大きい」、「他人の話を聞かない」、「同じことを何度も言う」、「暴力的な速度と有り余る熱量」という風に表現されていました。
まったくその通りです。

 

そう言いながら、なんか可愛く、愛おしく思ってくださっているのが伝わって来るのです。

 

宮藤官九郎

脚本家の宮藤官九郎さん

 

「おばちゃんのおしゃべりだけじゃドラマになりません」とスタッフに諭されたのでストーリーを考えたら、『思いがけず壮大な復讐劇になりました。』だって!
ホント笑えるよね。

 

まだ始まってもいないのに、すでに「みやかんワ―ルドへようこそ!」ってなっているぅ~。

 

TBS火曜ドラマというと 『逃げるは恥だが 役に立つ』『カルテット』『あなたのことはそれほど』『カンナさーん!』と、立て続けに話題を集める作品を放送しています。

 

出演の女優陣もそれぞれ主演をはれる方ばかりで迫力のある演技に期待が持てますね。

 

また、主題歌の発表が無いのでそこんところも注目です。

 

TBS火曜10時から放送ですが、放送開始日の方はまだ公式発表されていません。

 

愛すべきカッコイイおばちゃんのおしゃべりと衝動によって転がり続ける宮藤官九郎さんの無責任クライムエンターテインメントです。
今から話題沸騰間違いなし!楽しみです。

 

TBSテレビ公式サイトより

 

スポンサードリンク

 

タグ :       

テレビドラマ

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車