せきが出るとき使いたいアロマオイル 使い方 材料 のどが痛いとき おすすめのアロマオイル 材料 レシピ 使い方 うがいに使うアロマ 種類とレシピ せきが出る夜 おすすめのアロマで芳香浴 乾燥対策 吸入に向いている おすすめの精油は 風邪をひいた時 ボディマッサージおすすめしたい精油 ブレンドの仕方 

暮らしのエッセンス

せきが出る・のどが痛いときのアロマテラピー おすすめの使い方紹介

読了までの目安時間:約 4分

スポンサードリンク

アロマオイルは、外出先から帰ったらうがいをして殺菌やウイルスを消毒するときに効果的です。

 

お部屋では加湿器で乾燥防止をするときなど、日常から予防に積極的に使うことをおすすめします。

 

のどを痛めて声がかすれてしまったら、しゃべることを極力控えるのも大切ですね。

 

せきがひどい時のお風呂は、肩までつかってしまうと逆効果。
半身浴でリラックスしましょう。

 

◆うがい
【材料】
ティートリー…2~3滴
ペパーミント…2~3滴
または、ラベンダー…2~3滴

 

スポンサードリンク


 

精油でつくったうがい水でしっかり予防とケアを!
予防の第一歩はうがいです。もちろん症状が出てからでも有効です。

日頃から習慣にするようにしましょう。

 

簡単に消毒できるの、ノドの痛みだけでなく、口内炎ができている時、歯周病や口臭が気になる時にもおすすめです。

 

※小さい子どもの場合、飲んでしまう危険があるので精油を使ったうがいはやめましょう。

 

◆芳香浴
【材料】
ラベンダー…4滴
フランキンセンス…2滴

 

せきが出て眠れない夜におすすめのブレンド
夜、寝ている時にせきが出ると睡眠不足になって体力も落ち、症状が悪化する原因になります。

 

鎮静作用のあるラベンダーと粘膜に効果的なフランキンセンスを寝室に香らせましょう。
どちらも安眠作用がある精油です。

 

とくにフランキンセンスは呼吸器系のトラブル全般に良いので、のどが弱い人は常備しておくと便利です。

 

◆吸入
【材料】
カモミール・ローマン…1~2滴
または、ティートリー…1~2滴
ラベンダー…1~2滴

 

乾燥は症状悪化の大きな要因に。吸入でのどに潤いを
のどの痛みに乾燥は大敵です。殺菌効果や炎症を抑える作用のある精油を使った吸入で潤わせましょう。

 

吸入・フェイシャルスチームは、乾燥してしまった肌のケアにもなって一石二鳥です。

 

痰(たん)が出るようなときはフランキンセンスを使用すると効果的です。

 

吸入中は必ず目を閉じておこない、せきが出るときは吸入はやめます。

 

◆ボディマッサージ
【材料】
キャリアオイル…20ml
ラベンダー………3滴
スイート・マジョラム…2滴
ティートリー……2滴
ユーカリ…………1滴

 

風邪が原因の痛みには、この4種で首から胸をマッサージします。

 

呼吸器全般に有効な精油であるティートリー、スイート・マジョラム、ユーカリを使って、首から胸にかけてマッサージします。

 

このブレンドは、風邪からくるのどの痛みにとくに効果的といわれています。

 

ラベンダーにはほかの精油のツンとした香りを和らげるほか、イライラしてしまう心をリラックスさせる働きがあります。

 

ティートリー

 

スポンサードリンク

 

タグ :      

ハーブ・アロマテラピー

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車