肩こり、頭痛、 しもやけ 手荒れのケア 効果的な手浴 やり方紹介 手浴 ハンドバス 足浴 フットバス 効果・効能 フェイシャルスチーム・吸入の方法 フェイシャルスチーム おすすめの精油

暮らしのエッセンス

アロマを使ったボディケア  手、足とフェイシャルスチームの方法

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

体の不調を和らげる、疲れを癒す、肌をきれいにする…そんなアロマテラピーの効果を生かしたボディケア法を紹介します。

 

 

★手浴・ハンドバス

手の疲れからくる肩こりや手荒れのケアにおすすめです。

キーボードのたたき過ぎからくる肩こり、頭痛、しもやけや手荒れのケアに効果的な手浴。
手軽なので、ちょっとした気分転換にも使えます。
ひじだけをつけるひじ浴もあり、腕のだるさを解消します。

 

 

◎手浴の方法
大きめの洗面器に40度くらいのお湯を入れて、精油を2~3滴垂らし、よくかき混ぜます。
5~10分くらい手首までつけ、蒸気を吸い込むようにすれば芳香浴にもなります。
終わったら洗わず、タオルで水分をふきとります。ひじ浴も同様です。

 

★足浴・フットバス

体全体の血行が良くなる足浴。
代謝もアップするので、冷え性の人、足がむくみがちな人におすすめです。
硬くなったかかとや水虫のケアに良く、お風呂に入れない時も足浴するとさっぱりします。

 

◎足浴の方法
大きめの洗面器かバケツに40~43度くらいのお湯(手浴よりやや熱め)を入れて、3~4滴の精油を垂らし、よくかき混ぜます。

 

足首の上からふくらはぎの下くらいまで、10分~15分つけましょう。
終わったら洗わず、タオルで水分をふきとります。

 

足浴

 

◎足浴で注意すること
お湯が冷めたら、必ず一度足を出してから差し湯して適温を保ちます。
足を入れたままだと、お湯が直接足にかかったり、急に熱くなり過ぎたりしてやけどする危険があります。
タオルを忘れずにそばに置いておきましょう。

 

★フェイシャルスチーム・吸入

のどの不調や鼻づまりを改善し肌も潤ってしっとりします。

肌に潤いが欲しいとき、のどの調子が悪いとき、鼻づまりのときなどに利用したいフェイシャルスチーム・吸入。
蒸気(スチーム)を顔に当てることで肌を保湿し、鼻や口から精油の成分を吸い込んで体内に取り入れます。
※咳が出ている時はやめましょう。

 

顔浴

 

◎フェイシャルスチーム・吸入の方法
湯気がたつくらいの熱いお湯を洗面器に入れて、精油を2~3滴入れます。
お湯より30cmくらい上に顔をもっていき、蒸気を逃さないように頭からすっぽり大きめのタオルをかぶります。
この時、必ず目を閉じるようにしてください。
約1分間、大きく息をして、鼻と口から吸入します。

 

◆おすすめの精油
カモミール・ローマン、ティートリー、ペパーミント、ラベンダーなど

 

 

タグ :           

ハーブ・アロマテラピー

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車