アロマテラピー アロマオイル吸収のメカニズム アロマオイル使うとき気を付けること 精油使用上の注意 アロマテラピーで気を付けること 香りが心に届くまで 影響を与えるまでのメカニズム 

暮らしのエッセンス

アロマテラピー 精油、香りがどのように心や体に働きかけるのか

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

アロマテラピーで使用する精油は数多くの有機化合物の集まりであり、植物によって構成成分に違いがあります。
それが、香りの個性や作用の違いとなって、心や体に影響を与えています。
では、どのように心と体に影響を与えるのかそのメカニズムにせまってみましょう。

 

★香りのメカニズム

空気中に蒸発した精油の成分を吸い込むと、その成分が鼻の奥(鼻腔)の上部にある嗅上皮の粘膜に付着します。
そこで嗅毛にキャッチされると、その成分の情報が電気信号に置き換えられて大脳に伝わり「におい」として認識されます。

 

 

その成分は、感情や欲求などに深くかかわる大脳辺緑系から、自律神経をコントロールしたり、体温やホルモンの調節をしたりする視床下部に伝えられます。
大脳辺緑系から視床下部の関係は、心の動きが体へ影響を与える重要なラインです。
そうやって精油の成分は、心身に影響していくのです。

 

★深呼吸や吸入

アロマバスに入って深呼吸したり、吸入したりして得られる作用があります。
呼吸をして肺に入った成分は肺胞という器官の粘膜から血液に入り、体内の組織に影響を与えます。また鼻から吸った成分は、鼻腔粘膜からも血液に入りますが、それはごくわずかです。
痰(たん)の出過ぎを抑える、咳を鎮めるといった効果は、精油の成分が気管支から肺へ入る際に作用したものです。

そして最終的には尿や汗として、体の外に排出されます。

 

花の香りをかぐしぐさ

 

★マッサージなどで皮膚から作用するメカニズム

アロママッサージやアロマバスで得られる作用が、肌から成分を吸収するルートです。
皮膚の表面には表皮をおおう皮脂膜や角質層でできたバリアゾーンがありますが、精油はとても小さな物質で出来ているため、これを通過します。

精油の成分が肌に潤いを与えるなどの作用があるだけでなく、さらに浸透し、血液やリンパに入って全身を駆け巡り、各器官に作用していきます。
※肌に精油を塗る場合は、かならずキャリアオイルで希釈して使用します。

 

★精油を使用する際は必ず守って欲しいこと

・精油は飲まない
・精油は直接肌につけない
・精油を1歳未満の赤ちゃんには使用しない

※精油は薬ではありません。妊娠中の方、重い病気の方、慢性的な病気の方のほか、健康状態が気になる方は医師に相談してください。

 

 

タグ :      

ハーブ・アロマテラピー

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車