下痢の症状緩和 アロマテラピーやり方 アロマバスレシピ 下痢に効果的なマッサージ 精油の材料 ボディマッサージ方法 下痢の時におすすめ ハーブティー

暮らしのエッセンス

下痢に効果的なアロマテラピー レシピとやり方紹介

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク


下痢に苦しむ男性

食あたり、冷え、精神的なダメージなどが原因で起きる下痢ですが、その原因に対処することはもちろん、まずはお腹を温めるのが第一です。

 

胃腸が弱くて、下痢しやすい人も同じです。

 

下痢をしたら水分補給をして脱水症状を起こさないよう気を付けましょう。

冷たい飲み物やフルーツジュースは禁物です!

 

 

下痢を癒す アロマバス

【材料】

天然塩…………大さじ2

ゼラニウム……3滴

カモミール・ローマン…2滴

 

フローラルの優しい香りで心身ともにリラックス。

カモミール・ローマンは腸の炎症にともなう症状を和らげる精油として有名です。

 

しっかりと体を温めるためにも、時間をかけて入る半身浴がおすすめです。

緊張をほぐし、ゆったりした気分になり、体の芯から温めてくれます。

 

お腹を温める ボディマッサージ

【材料】

キャリアオイル……20㎖

オレンジスイート…3滴

ゼラニウム…………3滴

ブラックペッパー…2滴

 

お腹を冷やさないためにマッサージする前にオイルを容器ごとお湯につけ、人肌に温めて使います。

神経や心のダメージが不調として出やすいお腹は、お風呂で体を温めてから優しくマッサージします。

 

下痢のときは軽くゆっくりとマッサージしましょう。

ブラックペッパーをジンジャーに代えても効果があります。お好みで。

 

ジンジャーのハーブティー

 

お腹のマッサージの仕方
  • お腹全体にマッサージオイルを塗ります。体の側面(脇腹)を親指と4本の指ではさむようにして、胸の下から腰にむけてさすります。
  • みぞおちのあたりを、時計と反対周りにゆっくりとさすります。次に、へそを中心に今度は時計回りにさすります。
  • 指先を押し付けるような感じにして(少し力を入れて)円を描くようにしながら、へそのまわりを小さな円を時計回りに描きながらへそのまわりを一周します。※あまり強くやり過ぎないように注意しましょう。
  • 手のひら全体でゆっくり大きく円を描くようにへそのまわりをさすります。
  • 両手のひらをお腹に当てて温めます。そして気持ちを鎮めましょう。

 

おすすめのハーブティー

ジンジャーは料理に使われるショウガの根茎を乾燥させたものです。

血行を促進して、精油同様に体の冷えを解消してくれます。

下痢になった時の水分補給にはピッタリのハーブティーです。
 

スポンサードリンク

 

タグ :     

ハーブ・アロマテラピー

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車