秋のハーブ  お世話のポイント 目安 追肥 たねとり ハーブの種まき 時期 ハーブの切り戻し いつ 植え替え ハーブ植え付け時期  

暮らしのエッセンス

秋のハーブ タネまきの時期は?

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

秋に始めるハーブのお世話は、いずれも最高気温が25℃を下回ってきたら出来るので、目安にして下さい。

 

追 肥
暑い間はお休みしていましたが、気温が下がってきたら開始します。およそ、2ヶ月に1度が目安です。
セージやラベンダー、タイム、ローズマリー等はチッソが少なめを、その他はチッソ、リン、カリ等比の緩効性化成肥料を施します。

 

タネの採取

バジルやラベンダー、ナスタチウムなどの種を採取しましょう。
耐寒性のある種類はとりまき(タネを採取してすぐまく)し、そうでないものは来春まくとよいでしょう。
部屋の中で育てるのなら、秋まきして大丈夫です。

スポンサードリンク


秋のタネまきの適期

タネまきが適するのは最高気温が25℃以下になった頃です。
目安はヒガンバナの咲くころ、つまりお彼岸ごろでしょうか。
ジャーマンカモミール、パセリ、ボリジ、ロケットなどが適期です。

 

寒さに強いタイプのハーブは秋にタネをまくと、冬の低温にあって株張りがよくなり、春先の生育が早くなって花も早く咲きます。
また、こぼれダネが自然と発芽してきます。

 

挿し木

タネまきと同じで最高気温が25℃を下回るようになればOK。
ベイ(ゲッケイジュ)、ローズマリー、レモンバーム、ミント類、ヘリオトロープなどを増やしましょう。

 

切り戻し
花が咲いたりタネの出来たバジルや、ミント、レモンバーム、フェンネルなどを切り戻します。
特に、バジルは花を咲かせると葉が少しづつ硬くなり株が老化するので、思いきって切り戻しをしましょう。こうすると、新しい茎や葉が伸びてまた柔らかい葉が収獲できます。
切り戻したあと追肥します。この後は花穂が出やすくなるので、花穂は早めに切り取ります。
花瓶にさして花を楽しんでもよし、ドライフラワーにしてもよし。

 

ローズマリーはすでに秋以降に咲く花芽がついているので、剪定や切り戻しはしないでおきましょう。

 

植え替え、植えつけ

レモングラスは植え替えできます。
植えつけはタネまきと同様、最高気温が25℃を下回るようになればできます。
ローズマリーやタイム、セージは水はけのよい土に、レモンバーム、ミント、レモンバームなど適度な湿度を好んだり乾燥を嫌うものは腐葉土などの有機質を混ぜ、保水性のよい土にします。

スポンサードリンク

 

タグ :  

ハーブ・アロマテラピー

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車