使い方と特徴 アロマポット オイルウォーマー キャンドル式のアロマ芳香器 手軽に芳香浴を楽しむ アロマウォーマーとディフューザーおすすめはどっち 芳香浴とは? アロマに関するさまざま な情報 アロマ・タイム アロマテラピー ディフューザーはじめての使い方  アロマテラピーの使い方 方法 アロマポット アロマライトなどを使う芳香浴 アロマポット オイルウォーマー

暮らしのエッセンス

芳香浴 オイルウォーマー、デフューザーの使い方と注意すること

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

アロマテラピーを一番手軽に効果的に楽しむ方法が芳香浴です。

 

空気中に精油の香りを拡散させて、鼻から吸入します。

 

お部屋ではオイルウォーマーで、広い空間ならデフューザー、外出先ではハンカチと使いわけて、香りの効能を身近に活用しましょう。

 

オイルウォーマー

アロマテラピーを始めるならまず準備!
熱で精油を温めて香りを拡散させます。

もっともポピュラーなアロマテラピーの器材がオイルウォーマーです。

 

キャンドルの熱で精油を温めて、蒸気といっしょに香りを広げていきます。

 

 

 

香りの効果に加え、キャンドルの優しい明かりで心もリラックスできます。ロマンティックなムードを演出したい時にもおすすめです。

 

オイルウォーマーの使い方

受け皿に7~8分目まで水かお湯を入れて、精油を垂らします。
6~8畳の部屋で5~6滴が目安です。
そのあとキャンドルに火を付けます。
※くわしい使用方法は説明書に従ってください。

 

火を使うオイルウォーマーは注意が必要です!
 ・ペットや小さな子供のいる部屋での使用は充分に注意しましょう。
・燃えやすい物のそばやカーテンの近くでは使わないようにしましょう。
・水がなくならないように気をつけて、空だきしないようにしましょう。
・就寝時や外出時、その場を離れるときは必ず火を消しましょう。

 

ディフューザー

広い空間でアロマを楽しむときにおすすめです。
精油の香りも長持ちします。

 

広い空間で香りを楽しみたい時はディフューザーが便利です。
電動式のエアポンプやファンを使って広い空間に香りを拡散するもので、精油を原液のまま使用するため香りも長持ちします。

 

火を使わないので人が集まる場所でも安心です。
ショップやサロン、待合室などでよく使用されています。

 

ディフーザーとアロマオイル

 

デフューザーの使い方

組み立ててセッティングし、デフューザーの中に精油を落としてスイッチを入れます。
※精油の量や詳しい使用方法は説明書に従ってください。

 

 

 

タグ :   

ハーブ・アロマテラピー

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車