植物の害虫よけに効くハーブは 虫よけになるハーブの種類と作り方 ティーツリーオイルで虫よけ ゼラニウムで虫よけする方法

暮らしのエッセンス

虫よけになるハーブの種類と作り方

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

植物の害虫よけには何が有効でしょうか?虫よけにハーブを活用してみましょう。

 

☆ペパーミント

フタのできるガラス容器にミントの葉と茎をいっぱいまで詰めます。

容器いっぱいまでアルコール(ウォッカ、焼酎、リカーなど)を入れます。

 

毎日容器を振って冷暗所で2週間以上おきます。

使うときはガーゼなどでこしてからスプレー容器に入れて直接虫に吹きかけます。

 

☆ゼラニウム

虫除けのために好んで育てられる植物です。

ペットボトルなどの容器に摘んだ葉を入れ 部屋に置いておくだけ。

 

 

 

匂いで防虫の役割をしますが、葉がかれて乾燥し変色したあとも匂いはそのまま残っていますのでしばらく防蚊効果はあります。

 

◆人間への虫除け効果には

エッセンシャルオイルを使ってオリジナルの虫よけスプレーを作ると良いでしょう。

 

カモミールにはかゆみや腫れを取るという効果もあるので、虫にさされてしまった時にも便利です。

 

ティーツリーオイルは虫よけ以外にも消臭・殺菌の効果が期待できます。

◎蒸発または噴霧して消臭、殺菌処置として使用する方法

水250mlに対してティツリーオイル5ml(小さじ一杯)をスプレーボトルに入れ、よく混ぜるだけで出来上がりです。

 

このスプレーを臭いの気になる場所に噴霧、お風呂場の掃除の後、タイルに吹きかけておくとカビの防止になります(注・吹きかけたあとは洗い流さず、そのまま乾かします)。

また、お部屋にスプレーすれば殺菌とともに消臭も出来てしまいます。

 

◎直接患部や肌に、頭シラミ、虫除け、日焼け対策として低濃度で塗る方法

お風呂上りなどの清潔な肌に使うことをおすすめします。

 

既存の製品に混ぜて使用する方法としては、普段使っているシャンプーやハンドソープ、ローションなどにティーツリーオイルを入れた後、よく振ってまぜてください。

 

それだけで、フケ・シラミ対策シャンプー、抗菌ハンドソープ、虫除け対策ローションとなります。

 

ティーツリーオイルをブレンドした天然素材の虫除けも販売しているお店もあります。

 

 

タグ :       

ハーブ・アロマテラピー

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車