ブラウザーとは インターネット閲覧 IT用語 Safari Macパソコン 標準ブラウザー Internet Explorer インターネットエクスフローラ Google Chrome

暮らしのエッセンス

インターネットの必需品、ブラウザーって何?

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

はじめてコンピューターにふれる小学生や高齢者の方にも、なるべく分かりやすく伝わるよう心掛けています。

 

インターネットの情報を受け取るために必要なアプリケーションソフトは、WWWブラウザー( World Wide Web : Webブラウザー)といいます。

 

通常「ブラウザー」といいます。
パソコンで一番よく使う機能だと思いますが、意外とよく知らないかも(?!)。

 

ブラウザーについてわかりやすく紹介します。

 

 

Internet Explorerについて

ブラウザー(Webブラウザー)は、インターネットの情報を見るソフトです。

インターネット上のウェブサイト、 ブログサイトを閲覧するときに利用するソフトウェアです。

 

もし、あなたがインターネットで何か検索したり、ショッピングをしたことがあれば、すでに知らないうちにブラウザーを利用していることになります。

 

ブラウザーには種類がありますが、ウィンドウズパソコンには、Internet Explorer(インターネットエクスフローラ)というブラウザーが標準搭載されているので、多くの人に利用されています。

 

また、Internet Explorerの最新バージョンには高速な表示速度の実現や、アクセラレータ(ページ内の文字を選択して検索したり地図を表示したりできる)やWebスライス(ページのいつも見たい部分だけをお気に入りに登録できる)という機能があるのが特徴です。

 

その他のブラウザー

最近では、Internet Explorerに対抗するような次世代ブラウザーと呼ばれるFirefox(ファイアフォックス)、Safari(サファリ)、Google Chrome(グーグルクローム)などがありますが、どれも優れたソフトであり無料で入手できるので自分に合ったものを利用されると良いでしょう。

 

googleブラウザ

ちょっと豆知識

Safariは、Mac OS X v10.3以降のMacパソコンに標準ブラウザーとして搭載されています。

もともとMac(マック)用ですが、ウィンドウズでも使うことができます。

3D風のウェブブラウザ―でフォント(文字)がきれいなのが特徴です。

 

 

 

タグ :      

パソコンの最初の一歩

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車