パソコン用語 ファイルとフォルダー 階層構造 ファイルの場所を確認する方法 表記方法 分類ごとに 

暮らしのエッセンス

ファイルとフォルダーの仕組み

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

 パソコンの操作では、ファイル操作も重要なポイントとなります。
ファイルとフォルダーってどう違うの?という誰でも抱く疑問から分かりやすく紹介します。

 

例えば、ワードやエクセルなどのソフトでデータを作成しても、保存せずに電源を切ると消えてしまいます。

 

作成したデータを保存するとファイルになり、これをデータファイルといいます。

 

ファイルにはこの他、ソフトを起動するプログラムファイルやOSの動作に必要な設定情報などが入っているシステムファイルなどがあり、OSによって管理されています。

 

ウィンドウズでは、ファイルをフォルダー(ディレクトリ)に入れて管理しています。

 

フォルダーはファイルの入れ物で、システムファイルは『Windows』フォルダー、プログラムファイルは『Program Files』フォルダーというように種類ごとに分類、整理されて保存されています。

 

ワードやエクセルで作成するファイルは通常『マイドキュメント』や『ドキュメント』フォルダーに保存されます。

 

また、自分で新しくフォルダーを作成して保存することもできます。

 

階層ごとに

 

フォルダーの階層構造とパスとは

ウィンドウズでは、フォルダーは階層構造(ツリー構造)になっており、一番上の階層(フォルダー)は記憶装置(ドライブ)になります。

 

ちなみに、一番上のフォルダー(Cドライブ等ハードディスクなどの記憶装置)をルートフォルダー、またはルートディレクトリといいます。

 

ファイルの場所はルートフォルダーから目的のファイルまでの経路を示すパスで表します。

 

例えば「C:\Users\santarou\Desktop」のように、住所では「神奈川県横浜市青葉区○○町」と県→市→区→町の順に表記するように、パスでは「:」がドライブの区切りを示し、「¥」はフォルダーの区切りを示します。

 

一番上のフォルダー(ドライブ)から順にファイルの場所を表します。

このパスは、ファイルを右クリック→「プロパティ」→「全般」タブを選択すると確認できます。

 

 


 

 

タグ :    

パソコンの最初の一歩

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車