小学生のパソコン教育 小学校ITC教育 母親のためのパソコン教室 やさしいパソコン講座 パソコン操作基本 入力方法の切り替え方 パソコン指南 中高年からのパソコン 入力の仕方基本 ローマ字入力とかな入力比較 キーの打ち方による比較 打つキーを覚える量による比較 ローマ字入力とかな入力の切り替え方

暮らしのエッセンス

ローマ字入力とかな入力 どっちが便利? 初心者が最初にぶつかる壁

読了までの目安時間:約 4分

スポンサードリンク

パソコンに日本語を入力する場合、大きく分けてローマ字入力とかな入力の2種類の方法があります。

 

キーボードのアルファベットキーを押してローマ字読みしたひらがなを入力する方法をローマ字入力といい、キーボードのひらがなキーを表記通りに入力する方法をかな入力といいます。

 

現在、ローマ字入力を利用する人が多いことから日本語の入力方法は、初期値としてローマ字入力になっていますが、どちらにもそれぞれ良い点、不都合な点があるので2つを比較してどちらが自分に適しているかを判断しましょう。

 

そして、実際にローマ字入力とかな入力を切り替えて打ってみましょう。

切り替えの方法も紹介します。

 

 

打つキーによる違い

例えば、画面上に「たのしい」と表示させる場合、ローマ字入力では「T」「A」「N」「O」「S」「I」「I」というように、7つのキーを打たなければならないのに対して、かな入力は、「た」「の」「し」「い」と、キーを打つ数が少なく、しかも、ローマ字読みを考える必要がないのは便利です。

 

キーボードのキー一つひとつにひらがなが割り当てられているので、見た目にもわかりやすく、効率よく入力できます。

 

入力文字が多くなるほど、ますます違いが明らかになり、実際にワープロ検定1級に合格した人の中には『ローマ字入力ではおそ過ぎる、かな入力でないと間に合わない』という人がいるくらいです。

 

覚えるキーによる違い

覚えるキーの数で比較すると、ローマ字入力なら「A」から「Z」のアルファベット26文字の組み合わせを覚えればいいのに対して、かな入力では、ひらがなの「あ」から「ん」と濁点などの50文字を覚え、さらにインターネットやメールなどでアドレスを入力する場合はアルファベットキーの場所を探さなくてはなりません。

 

結果的にはアルファベットのキーの配列も両方覚えなくてはならず、覚えるキーが多いのが難点です。

 

ローマ字入力/かな入力を選択する方法

キーボードで切り替える方法
日本語入力ができる状態で、キーボードの「Alt」キーを押しながら「カタカナ・ひらがな」キーを押すと、その都度、ローマ字入力とかな入力を切り替えることができます。

 

言語バーから切り替える方法

 

言語バー
日本語入力ができる状態で、言語バーの右下にある「KANA」をクリックするたびに、ローマ字入力とかな入力が切り替わります。

 

 IMEの入力設定で切り替える方法
1.言語バーを右クリックし、表示された一覧から「設定」をクリックします。

入力切替方法1

 

2.「テキストサービスと入力言語」が表示されます。

入力切替2
「全般」タブをクリックし、「インストールされているサービス」欄から「Microsoft Office IME 2010」をクリックして「プロパティ」をクリックします。

3.「Microsoft Office IME 2010のプロパティ」が表示されます。

入力切替3
「全般」タブをクリックし、「ローマ字入力/かな入力」ボックスから希望する入力方法をクリックして、「OK」をクリックします。

 

4.「テキストサービスと入力言語」画面に戻ったら、「OK」をクリックします。

 

入力切替4

 

NEC LAVIE公式サイト

 

 

タグ :          

パソコンの最初の一歩

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車