九州ふっこう割で行く おすすめスポット、九州ふっこう割 大分県 九州の屋根 九重高原 九重“夢”大吊橋 入場料金 営業時間 問い合わせ先詳細 九重夢大吊橋アクセス 九重大吊橋 納涼フェスタ詳細 九重夢大吊橋イベント情報2016夏   

暮らしのエッセンス

九州の屋根を天空の散歩道で渡る九重“夢”大吊橋 納涼フェスタ

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

九重町は九州の屋根と呼ばれる、「くじゅう連山」の麓に広がる自然と温泉の町です。

四季の変化がとても鮮やかで、「春は黒色なり、夏は青色なり、秋は赤色なり、冬は白色なり」と古書「九重山記」で表現されているほどで、 大自然の移ろいを季節ごとに満喫できます。

 

★2016年 納涼フェスタ開催

恒例となった夏のイベント、「夏休みだよ!九重“夢”大吊橋 納涼フェスタ」を、7月23~24日の二日間にわたって開催します。


ステージでは、数々のパフォーマーショーやバンド演奏など多彩な出し物が目白押しで、じゃんけん大会や輪投げ大会など大人も子どもも家族で楽しめるものとなっています。(景品付き)
毎回白熱する「バーガー大食い大会」は、制限時間10分の間に「九重“夢”バーガー」を幾つ食べれるかを競うもので、焼くのも必死、食べるのも必死で会場が盛り上がります。(当日会場受付・先着15名様)
バザーコーナーでは、からあげやミニポーク丼などの販売に加え、新メニュー「豊後牛の網焼き」が登場します。(一皿約200グラム・500円・お一人様一皿一回限り・売り切れ御免)
このイベントは、真夏の二日間を標高777mの九重“夢”大吊橋に来ていただき、涼風を感じながら大人も子どもも共にイベントを楽しんでいただくものです。

 

★九重“夢”大吊橋

鳴子川渓谷の標高777m地点に架かる「九重“夢”大吊橋」は、長さ390m、高さ173m、幅1.5mの吊橋です。
すぐ目前に、「日本の滝百選」にも選ばれた、「震動の滝・雄滝」や「雌滝」を望み、足下に筑後川の源流域を流れる鳴子川渓谷の原生林が広がり、 四季折々に織りなす大自然の変化は訪れる人々を魅了してやみません。
また遠くに、三俣山や涌蓋山など雄大な「くじゅう連山」が横たわり、360度の大パノラマは、まさに「天空の散歩道」にふさわしい、文句なしの絶景です。

場 所 :  大分県玖珠郡九重町大字田野1208番地

入場料 : 中学生以上 500円 /  小学生 200円 /  小学生未満 無料

※7月末までは入場料は無料

 

九重夢大吊橋

 

アクセス :  大分自動車道九重インターチェンジから車で約25分

問い合わせ先 :  0973-73-3800 / 九重“夢”大吊橋管理センター
営業時間
8:30~17:00 (1月~6月/11月~12月) 入場券の販売は16:30まで
8:30~18:00 (7月~10月) 入場券の販売は17:30まで
定 休 日  無し (悪天候などで、入場制限をする場合があります。)

九重“夢”大吊橋公式サイトより

 

タグ :         

夏祭り・花火大会

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車