子育て 育児 かしこい子どもに育てるには 誰でもできる頭のよい子に育てる方法 環境適合能力とは 豊かな言葉の環境を作るには 頭のよい子に育てたい かしこい子どもになって欲しい 

暮らしのエッセンス

かしこい子どもに育てるために 環境適合の能力に着目

読了までの目安時間:約 4分

スポンサードリンク

子育て中のママなら、誰しも”我が子には賢い子に育ってほしい”と願う ものですよね。

 

たとえ親が高学歴でなくても、子供の将来を考えたとき選択肢の多様性を考えたら、それなりに賢い子供を育てる方法を知りたいのは、親なら普通ですね。

 

どうすれば賢くない親のもとでも賢い子どもが育つのかを「環境適合能力」に着目して紹介したいと思います。

 

生まれた赤ちゃんの頭は生まれた環境に合わせて、その働きを作っていくそうです。
例えば生まれた国が日本であれば、どの子も日本語を聞いて育つでしょう。
するとどの子も日本語を解し、日本語を話す子どもに育ちます。

 

 

暑い国に生まれれば、暑さに強い子どもが育ち、寒い国に生まれれば寒さに強い子どもが育ちます。
これが環境適合の能力です。

 

これは音楽的刺激が豊かな環境に育てば、音楽性の豊かな子どもが育ち、生まれた時から絵に囲まれて育てば、絵の得意な子どもが育つことを暗示しています。
モーツァルトは前者の例ですし、ピカソは後者の例です。
(モーツァルトの父は音楽家ですし、ピカソの父は画家でした。)

 

このことから、子どもの才能を育てるには、小さな頃、環境作りが大切なことが分かります。
特に胎教時代、0歳~3歳の頃の環境作りがとても大切だといわれています。

 

★環境に豊かに言葉があること

赤ちゃんを賢く育てるには、赤ちゃんが育つ環境に豊かな言葉の環境を作ってあげることです。
言葉が豊かであるほど、赤ちゃんは賢く育ちます。
人間の精神を豊かに育てるのは言葉です。

 

そこで、音楽的刺激が豊かな環境に育てば、音楽性の豊かな子どもが育つように、言葉の豊かな環境に育てば、精神性の豊かな子どもが育ちます。

 

それな~に?

 

4歳で言葉を 300 しか知らない子どもと、3,000 語知っている子ども、3万 語知っている子どもを比べましょう。
どの子が一番精神性が豊かでしょう。

 

300 語しか知らない子どもは、精神年齢が2歳程度です。
3,000 語の子どもはIQ100 位の普通の子どもに育っています。
3万語を知っている子どもは、IQ200 を越すでしょう。
言葉数の豊かさが精神性の豊かさを決めるのです。

 

★豊かな言葉の環境を作るには

豊かな言葉の環境を作るには、次の4つを心がけてください。

 

1)毎日豊かに話しかける
2)1つ1つの物を指さして、その名前を教える
3)できるだけ大量のピクチャーカードをフラッシュしながら、その名前を言って聞かせる
4)毎日できるだけ多くの絵本を読んで聞かせる

 

フラッシュカード

写真:ハンドメイドマーケット minne(ミンネ)

 

毎日豊かに話しかけるにはどうすればよいでしょう。
お母さんが今していること、お母さんの目に見えることについて語ってあげればよいのです。
すると、話題に事欠くことはありません。

 

脳に障害を持ち、知恵遅れに育つだろうと医師に言われても、上の4つのポイントに注意して、毎日言葉を豊かに聞かせてあげましょう。
すると障害児でも賢く育つといわれています。

 

 

タグ :         

子育てに少し役立つ話

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車