アドラー心理学 個人心理学 劣等感 どう向き合う? アメリカ個人心理学協会 アドラー心理学教育界を中心に多くの支持者 アドラーの心理学の考え方 アドラーの生い立ち

暮らしのエッセンス

アルフレッド・アドラー(1870-1937)と教育 人は劣等感を抱く?!

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

近年、教育の現場で『アドラー心理学』を生かした教育論が見直されています。

 

そこで、教育、しつけの観点からアドラーの生涯と彼の説いた心理学をざっくり紹介します。

 

アドラーはフロイトと同じくウイーンの下層階級に生まれ、その生涯の大半をウイーンで過ごしました。
アドラーもユングも一般的に「フロイトの弟子」と言われますが、むしろ二人共「一時期フロイト支持者」だったという方が正確です。

 

アドラーは最も初期からフロイト信仰者の一人で、1895年ウィーン大学医学部卒業後、眼科医として開業、後に精神医学に興味を持ち、1902年フロイトが開いた心理学水曜会に初めから参加しました。

 

 

1907年に「器官劣等性とその心的補償に関する研究」という論文を発表し、身体器官の劣等性が人間を行動に駆り立てる原動力であるという独自の理論を展開しました。
そして1911年にフロイトのリビドー概念などを批判し、彼のもとから去りました。

 

アドラーは、1910年に国際精神分析学会の会長になりましたが、数ヶ月後には学会を脱退し、彼と一緒に脱退した医師達と共に「自由精神分析学会」という新しい組織を発足させました。
後にこれは「個人心理学会」と改称されます。

 

アドラーの心理学は個人心理学と呼ばれ、個人の劣等感がその学問の根幹にあります。

 

人間は幼いころに劣等感を抱く。
その劣等感にどう対応するかが、そのどの人生における人間の行動を決定するという考えが、アドラーの心理学の考え方です。

 

フロイトとアドラーの違いは、フロイトの精神療法の基本は、患者の過去をさかのぼって病状の原因を明らかにし、それによって現在のトラブルを解消するというものであるのに対し、アドラーは因果論よりも目的論を大切にし、「勇気」を強調しました。
つまり、アドラーの心理学は「元気のでる心理学」なのです。

 

愛情とスキンシップ

 

アドラーは1914年「国際個人心理学雑誌」を刊行し、1924年に最初の個人心理学国際会議を開催しました。

 

1935年にナチスの脅威を感じてアメリカに渡り、コロンビア大学、ロングアイランド大学教授を歴任しましたが、1937年にアバディーン大学の連続講演の途中で心臓発作により急死しました。

 

彼の死後もアメリカ個人心理学協会は、活発に活動をしていましたが、近年では、彼の理論の再認識が盛んに行なわれ、現在では教育界を中心に多くの支持者を集めています。

 

 

タグ :        

子育てに少し役立つ話

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車