KIOHKUMAN(キオークマン)7 語学学習用マイク付きヘッドホン 価格 特徴 語学学習 効率的記憶 

暮らしのエッセンス

キオークマン7で語学学習の知覚作用が違うわけ

読了までの目安時間:約 6分

スポンサードリンク

語学力をつけるためには、最終的に留学しかないのでしょうか?

 

英語は今や必須科目であり、第二外国語まで学習する必要があります。

 

語学学習を効率よく行って、語学力を着実に伸ばしていきたい!そのために必要なものは何でしょう。

 

効率の良い学習方法から探っていきたいと思います。

 

 

長期の海外留学に行くと語学力が付くというのは、切羽詰まった状況を経験するからだといいます。

 

伝わらなければ話せないのと同じ。意味はわかるものの、話せないという状態ですね。そういう「聞くだけバイリンガル」 はたくさんいます。

 

「聞き流すだけで英語ができるようになる」、「海外へ行くだけで英語が話せるようになる」 なんてあり得ないということを皆さん気付き始めたようです。

 

発音練習から始めよう!

人は普通、聞いたことのない音は認識できません。語学に関していうなら『母国語の壁』などと言われたりします。

 

ですが発音練習をすることにより、その今まで知らなかった音を聞き取ることができるようになります。

(※フォニックス(Phonics)は英語のスペルを覚える学習方法で英語において、綴り字と発音との間に規則性を明示し、正しい読み方の学習を容易にさせる方法の一つです)

 

リスニングの苦労を減らすためにも、間違った発音で単語を覚えないためにも、発音練習は英語を学習し始めたら、一番最初にやることだと思います。

 

聞き取れない音が聞き取れるヘッドホン

リスニングで大切なのは聞くだけなく『後追い』『シャドーイング』と呼ばれる「声に出す」ことです。

 

一緒に発音練習をしたことにより、はじめて英語の音が「言語の音」として耳に入ってくるようになります。

 

そこでカギになるのがイヤホンやヘッドホーン、そしてマイクです。
マイク付きイヤホンは音量を大きくしないと聞き取れないという難点があり、長期間続けると難聴になったり耳が痛くなったりする危険があるといいます。

 

耳の問題は一度傷つくと、ほとんど元へ戻りません。
語学学習者にとってリスニング用のイヤホンやヘッドホンは、何を選べばいいかは分かり にくいし、ある程度使ってみないと違いはわかりませんよね。

 

ヘッドフォンをお勧めする理由

普段聞き取れない音も、聞き取れることがあります。
ヘッドフォンで聞くことにより、お手本の音だけに集中できるからです。

 

シャドーイングは、英語を話せるようになりたい人には、必須の練習ですが、イヤホンだと音を聞きながら自分も声をだすため、お手本の音が聞こえなくなります。

聞き取る音に集中し、その後ろについていくために、ヘッドフォンが役立ってくれます。

 

キオークマン7

KIOHKUMAN 7

 

究極のヘッドホン キオークマン7

語学学習用マイク付きヘッドホンの中でもお薦めなのが、『KIOHKUMAN(キオークマン)7』です。

しっかり耳を包み込む立体型イヤーパッドが生活音などの雑音をシャットアウトしてくれることにより、集中力が向上し大脳の記憶中枢にインプットするので記憶能率が違います。

 

一般的に人の耳が聞こえる範囲は20Hzから20KHzだそうです。

キオークマンの【LEARNIGモード】では、音響技術を駆使し、英語等の発音に比較多く含まれているといわれる5~8KHz程度の音をわずかに倍増し、今まで以上に聞きやすい仕掛けが施してあります。

 

また、自分の声を増幅して直接両耳のスピーカーに届くので、自分の声なのに他の人が喋っているような違和感がします。この違和感が「集中」の第一歩であり、キオークマン効果であるといわれています。

 

『目で見て、声に出して、耳で聞く』3つの知覚刺激で記憶能率がグ~ンとアップします。

 

自分の発音が聞こえてくることで、抑揚やイントネーションやリズムのまずさがよくわかります。

 

自分の声を客観的に聞いてみて、そのまずいところを発見するのがいいのです。聞き比べておかしなところが、今後直していくべきところだからです。

 

本当に喋りたいと願う全ての方に広くお勧めします。

 

KIOHKUMAN(キオークマン)7

SH-9501

城下工業株式会社

価格:9,250円

 

 

 

タグ :     

子育てに少し役立つ話

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車