鍋ケ滝  裏見の滝  営業時間 入園料金 注意事項 駐車場情報 坂本善三美術館 入館料 開館時間 詳細 展示室の特徴

暮らしのエッセンス

鍋ケ滝 水のカーテンと畳敷きの美術館で心静かに

読了までの目安時間:約 4分

スポンサードリンク

流れ落ちる水を裏側から眺められる「裏見の滝」として知られる「鍋ケ滝」。

 

この滝は、落差約9m、幅20mで大きな滝ではありませんが、滝の裏側を通ることができ、水のカーテン越しに眺める渓谷の美しさ、木々の緑や木漏れ日の光をまとった風景はここでしか味わえない感動です。

 

滝の裏側は意外に広く、色々な願いごとをこめ小石が積み上げられています。

 

細かい水飛沫が充満するマイナスイオン空間で癒されませんか?

 

ゴールデンウィークの夜間にはライトアップも行われ、より幻想的な光と水を味わえます。
真夏の暑さを忘れ、心身ともにリフレッシュできそうです。

 

 

鍋ケ滝

  • 営業時間:午前9時00分~16時30分
  • 入園料:大人200円、小中学生100円、小学生以下無料
  • 駐車場:48台(大型バスの乗り入れ不可)
  • 問い合わせ先:0967-46-4440

 

  • 注意事項
※鍋ヶ滝は受付を通って5~10分ほど階段や坂を歩いて降りる必要があります。整備されていますが滑りやすいので注意してください。
※裏側に入り込む通りには滑りやすい箇所もあるので、スニーカーなどで。
※濡れても良いよう、タオルなど拭くものを忘れずに持って行ったほうが良いでしょう。
※地震の揺れを感じたら安全な場所に避難するように気を付けてください。

 

鍋ケ滝入口

鍋ケ滝の入口

 

鍋ケ滝正面より

 

鍋ケ滝裏側より

滝の上側から見た風景

 

写真:kumamoto.photo キロクマさんより

 

坂本善三美術館

国道より滝への入り口には「グレーの画家」と呼ばれ、「東洋の寡黙」、「沈黙の錬金術」としてしられる抽象画家の坂本善三美術館があります。

 

古い民家を移築した館内は、日本唯一の全館畳敷き美術館となっています。
畳に腰をおろしてゆっくりと作品を鑑賞することができます。

 

鍋ケ滝の帰りにでも鑑賞されることをおすすめします。
ミュージアムショップ・休憩室もあり、小国の四季の様々な表情を楽しみながら ゆったりとくつろげます。

 

  • 住 所:熊本県阿蘇郡小国町黒渕2877
  • 開館時間:9時00分~17時00分(入館は30分前まで)
  • 休館日:毎週月曜日(休日にあたるときは翌日休館)

 

※その他、展示替えの際には休館となりますので、問い合わせの上お出かけください。

 

展示室の様子

↑展示室の様子

 

  • 入館料金
一般 500円 / 大学生・高校生 400円 / 中学生・小学生 200円

 

※ただし、次の場合は無料になります。
障がい者手帳等をお持ちの方 。
(身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者福祉手帳、被爆者健康手帳等)

 

坂本善三美術館公式サイトより

 

 

タグ :    

子育てに少し役立つ話 夏休み

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車