赤ちゃん 夜泣き 体験談 対応の仕方 失敗談 入眠儀式 絵本の読み聞かせ やり方 音楽・子守唄 ぬいぐるみ 

暮らしのエッセンス

夜泣きは何回かありました

読了までの目安時間:約 7分

スポンサードリンク

大人でも、何か寝つけない夜もありますし、夜中に何度も目が覚める夜だって時にはありますが、子どもが小さい時に、それはもう「火が付いたように」泣き続けるのはホント疲れますよね。

 

わたしがやっちゃった失敗やこれは効いたという成功例(?)を紹介します。

 

 

なかなか寝ない子ども、わりとすんなり寝てくれる子ども…。当然個人差はありますが、どの月齢の赤ちゃんにも共通して言えるのは、赤ちゃんの睡眠は大人よりずっと浅いということです。

そのため、大人に比べると常に起きやすい状態にあるといえます。

 

また、赤ちゃんも大人と同じようにレム睡眠(浅い眠り)・ノンレム睡眠(深い眠り)を1セットとして、一晩のうちに何度も繰り返しています。

 

しかし、赤ちゃんはまだ上手に眠ることが出来ないため、浅い眠りから深い眠りへ切り替わるときに、目を覚ましてしまいがちなんだそうです。

3、4歳になっても夜中に目を覚ましてしまうのも、自然なことと言えます。

 

普段と違って昼間たくさんの刺激を受けたり、赤ちゃんにとって決して良好では無い環境のところに居たりすると、その夜は赤ちゃんの頭の中で情報が整理される時に思い出されたりして突然泣き出したりしますね。

 

わたしはコレで失敗した!

寒い冬の夜のことです。乾燥するとのどに悪いし、風邪のウィルスにも…という考えから洗濯物を部屋干ししてお部屋を暖めて、これで完璧!暖房はオフにしてウトウトしかかった時、泣き始めたんです!

 

うーん、今日は特別変わった事はしてないし、機嫌も良かった。

しばらく泣かして様子を見ていたけど泣き止む様子もないので、暖かくして外の空気を吸いに出ました。

 

そうしたら、嘘のようにスヤスヤと気持ち良さげに寝始めたんです。

園のおばあちゃん先生「由美子先生」が、「昼でも夜でも、一度外に出て深呼吸すると良いよ!親もリフレッシュ出来るしね」ってアドバイスしてくれていたので、やってみたらすごい!魔法みたいだ‼

 

そのまま寝かせようと部屋へ戻った時に気付いちゃった!(ピーンときちゃった…みたいに)

お部屋がむ~っとしてたんだ!

良かれと思って、つい温め過ぎていることに気付いてなかったのね。

 

ずーっと家の中に居ると室温の感覚がマヒするから、空気の澱み(よどみ)なんかも分かんなくなるから、『外に出てごらん』ってことだったんだ。って、それからは、気を付けるようにしています。

 

わたしは寒がりだから、自分に合わせちゃってツイツイ暖かくし過ぎていたんですね。

 

 

〈スポンサードリンク〉

 

 

入眠儀式

子どもにとって不規則な生活は、大人が思っている以上に負担になります。

イベントやお出かけの時も『布団に入るのは20時までを目標に!』スケジュールを考えます。

 

寝る前の30分は部屋の明かりを落として、まずお部屋を落ち着かせた状態にします。

赤ちゃんとスキンシップをとると寝付きがスムーズになります。

 

入眠儀式とは、毎日同じ方法で寝かしつけ、寝る前の合図をつくることです。

「今からは寝る時間なんだ」と、自然に脳も体も反応するようになります。

わたしがやった入眠儀式を紹介します。

 

眠る赤ちゃん

 

絵本の読み聞かせ

わたしはご近所の先輩ママから聞いて子どもが生後10か月の頃から読み聞かせを始めました。

毎日就寝前に絵本を読んであげました。

何冊でも構わないと思いますが、その中に必ず1冊は定番の絵本を入れます。

 

たとえば、入眠儀式に使う定番の(子どもがお気に入り)絵本が4冊あるとすると、毎晩2冊読む中に定番の絵本をローテーションで1冊入れるという具合です。

これを徹底して行うために、旅行に行く時も、入院したときも定番の絵本を持参して行きました。

 

ちなみに読み聞かせの習慣を止めるタイミングですが、お母さま達に聞くとだいたい小学4年生くらいでお勉強が忙しくなったりして自然に遠ざかるようです。

 

わたしは小学5年の秋くらいまでやりましたが、その後も時々読んであげたり、反対に子どもが読んでくれたりしましたね。

 

子守唄・音楽を聞かせる

読み聞かせは生後10か月からでしたが、リラクゼーションの1枚の音楽はお腹にいる時からず~っと変わらず聞いています。

 

それは、わたし自身も一日の疲れを癒すためでもあり、そのCDのどの曲が流れても眠くなっちゃいますね。

絵本を読み終わると曲が流れて一日が終わる。寝る。という具合です。

 

時々CDの前に子守唄を歌ってあげました。

それは、そういう気分だったからです。

大人になり自分が子育てをするようになったら…その時はこの歌を歌って欲しい、この歌を聞かせてあげて欲しいという思いで選曲したかな。

 

できるだけゆっくりしたリズムで、レパートリーが少ないので同じ歌を歌ってた気がします。

 

お気に入りのタオルやぬいぐるみ、ブランケットなどお気に入りグッズってありませんか?

うちの子はミニーちゃんのぬいぐるみがそうでした。

鼻をクニクニ触ることで安心して入眠していました。

 

夜中に泣きだしそうになってもミニーちゃんの鼻を触ったりしているうちにまた寝ることがほとんどでした。

 

それでも何回かは、あの冬の夜みたいに失敗して泣かせた夜もありました。

そんな夜もあるさっ ♪ 肩の力を抜いて、しんどい時は誰かに助けてもらいましょうよ。ねっ。

 

 

タグ :      

子育てに少し役立つ話

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車