高校に入学したら成績が落ちた 本当の頭の良さ 本当に勉強不足? 成績が落ちた理由 大学受験勉強いつから  その勉強法で大丈夫? 論理的思考 高校生活

暮らしのエッセンス

高校に入学後 テストでぐ~んと成績が落ちた…理由は?

読了までの目安時間:約 4分

スポンサードリンク

高校入試で試されるのは、子どもが持っている学力のほんの表面的な部分であって、高校に入るまでは、ごく一部の問題を除いて本当の「頭の良さ」は 試されないといいます。

 

高校入学後のテストで出た順位は、高校入試では試すことが出来なかった真の学力を表しています。

 

そこで、「ド~ンと墜落してしまう成績と自尊心」というのをよく聞きます。

 

 

もちろん入試後の気の緩みから勉強不足による成績低下もあるかと思いますが、そのような生徒は その後の自発的な勉強により本来の順位に回復していくので問題ありません。

 

 

注意しなければいけないのは、高校の勉強に必要な「頭の良さ=論理的思考力」が欠如しているのに、成績が悪いのを単なる勉強不足だと思い込んでいる子どもだそうです。

 

このタイプは、高校入試で成功した中学時代の自己流(あるいは学校流)の勉強法に こだわり高校でも中学時代と同じやり方で勉強しようとする傾向が強いといいます。
そして、成績が上がらないのは勉強の量が足りないからだと考え、非効率な勉強をますます続けてしまうという悪循環に陥ります。

 

最初の段階でマイナスの印象を持ってしまうと、心に余裕がなくなってしまいます。
スタートダッシュで特に大切なのは、最初の定期試験です。

 

部活動

 

実は、最初の試験の点数は、高校に入ってからの勉強というより、中学範囲で”苦手”を残してしまっていないか が大きく影響します。

 

中学までの苦手を持ち越してしまっている子どもは、高校の授業にもあまりスムーズについていけないのは想像できると思います。

 

その結果、予習復習に多くの時間がとられてしまったり、気持ちの上での焦りが強くなってきます。

 

そうすると、せっかく入った部活動にも身が入らなくなってしまいます。

 

よく聞くのは、高2の秋以降くらいから大学受験の勉強を始めるという人の話ですが、そういう人は ほとんどの場合受験に失敗しがちだということです。

 

早くから受験勉強を始めるのはとても良いことです。

高校生活が始まると同時に大学受験の勉強も始まるというくらいの気持ちで入学すると、受験勉強も当たり前の生活の一部となります。学校生活も楽しみましょう。

 

「適宜性」という言葉があります。その時期、その歳でする経験だからこそ人生の大きな糧となるような…。高校時代はそういう大きな糧を手に入れるチャンスが比較的多い時期だと思います。

 

がむしゃらに勉強し、がむしゃらに、貪欲(どんよく)に部活動にも励み、世の中を見渡し、世界を感じるような経験をして欲しいと思います。

 

「思い出」は作ろうとしなくても、きっと心に刻まれます。

 

タグ :        

子育てに少し役立つ話

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車