初夏の味わい とうもろこし ゴールドラッシュ おいしいゆで方 保存の仕方 スイートコーン 朝もぎゴールドラッシュ

暮らしのエッセンス

初夏の味わい とうもろこしゴールドラッシュ おいしいゆで方

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

朝もぎゴールドラッシュ』というとうもろこしを聞いたことがありますか?

甘みみずみずしさで人気のスイートコーンです。とうもろこしは、もぎ取って収穫すると熱を出す性質があります。その消耗を抑えるために、そして一番糖度が上がる時間である早朝収穫にこだわって、暗いうちの午前2時ごろから収穫するのが『朝もぎゴールドラッシュ』です。

出荷の時期も他の産地のものと比べると比較的早く、5~6月に出荷のピークを迎えます。予冷出荷、消費地までの低温輸送など、鮮度を保つためにコールドチェーンで徹底されています。

 

おいしいスイートコーンを見分けるには、なんといっても収穫してから1日でも短いものを選ぶこと!鮮度が命のスイートコーンは、収穫からわずか数時間で糖分が半減してしまいます。もし収穫日が分からない場合は、緑色の皮に包まれているもの、低温で保存されているものを選びましょう。またすでに皮がはがされているときは、実がぎっしりと詰まって重みのあるものを選んで下さいね。

お店で買ってきたらさっそくゆでていただきましょう。

野菜情報サイト…野菜ナビより

ゆですぎ厳禁

新鮮なスイートコーンが手に入ったら、さっそくゆでて食べたいもの。最近では電子レンジでゆでる人も多くなってきたようですが、量が多いとやっぱりゆでるのが一番です。

しかし,ここで注意してもらいたいのが、ゆですぎです。生で食べられる品種も登場している今、ゆで時間は熱湯で3~5分で十分だそうです。採りたてのスイートコーンはみずみずしい甘さが格別です!

スウィートコーン

購入当日に食べられない場合は、ラップに包んで冷蔵庫の野菜室へ。皮付きのものは皮をむかずラップします。この時、立てて保存するのがポイントです。ただ、とうもろこしは生のまま保存するよりも、調理してから保存することをおすすめします。水から加熱して、沸騰して3分位で火を止めます。そのままゆで汁の中で冷めるまで待ちます。冷凍する場合は、かために加熱し、とうもろこしカッターなどで粒をこそいでから保存しましょう。冷凍保存期間の目安は約1か月です。

 

タグ :      

季節の食べ物

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車