東京の行事 どんど焼き 左義長 どんど焼き とは?どんど焼きで燃やして良いもの・悪いもの 鳥越神社 浅草神社 お焚き上げ 花園神社 湯の花神事 東京で行けるどんど焼き 日時 東京どんど焼きアクセス 東京どんど焼き受付期間 

暮らしのエッセンス

東京のどんど焼き(どんと焼き・左義長)燃やしてよいもの悪いもの 

読了までの目安時間:約 5分

スポンサードリンク

お正月が過ぎ本格的な寒さの到来となります。
そんな東京の素敵な冬の行事を紹介します。

 

「どんど焼き」って聞いたことがありますか?

どんど焼きの由来は? 東京で有名などんど焼きはいつどこ

 

 

どんど焼きとは?

「小正月」(1月14日の日没から1月15日の日没まで)に行われる「火の祭り」の行事です。

 

  • 元旦にお迎えした年神様を火に乗せて天にお返しするという意味がある
  • 元々は平安時代に宮中で行われていた小正月に吉書を焼く儀式という説もある
処によっては 神社などにお正月のお飾りだけでなく書き初めを持ち寄って焼くところもあり、「その火で焼いた餅を食べると、一年間無病息災で過ごせる」「火に当ると若返る」「書き初めを焼いた炎が高く上がると字が上手になる」など いろいろな謂れ(いわれ)があるようです。その他にも…

●お正月の注連縄飾りや門松などを積み上げて「お焚き上げ」する民間行事

●正月にやってきた歳神を門松・注連縄飾り等を焼くことで見送る意味がある

●この歳神が歳徳神(とんどさん)なので「どんど焼」と呼ばれるようになった

●浄火で穢れを祓い清めたり、火に当たることで体が丈夫になるとも言われる

●その年の豊作・大漁・商売繁盛・無病息災・家内安全を祈る火祭り

●道祖神の祭りとしている地域が多数派

●「左義長」・「三毬杖」(さぎちょう)、とんど焼、どんどん焼き、サイト焼き、ホッケンギョウなど呼び方は地方によって様々ある

●竹や藁や茅で小屋(どんどや)を組み、その下に持ち寄った物を置いて焼く

●焼いて残った灰を自宅周辺にまくと無病息災になると考えられている

 

「どんど焼き」という不思議なネーミングは、正月にやってきて門松や注連縄(しめなわ)に宿る歳神が由来となっているようです。

この歳徳神はどんど焼きの火に見送られ、また帰っていくそうです。

 

どんど焼きで燃やして良いもの・悪いもの

どんど焼きにはその年のお正月に使用した「お正月飾り」を燃やしてもらうために持参しますが、燃やせない部品が使われている飾りがほとんどかもしれません。

 

そういった物は現地で係の人に燃やせない部品を取り外すように指示されることもありますから 自宅で事前に取り外しておくことをお勧めします。

 

花園神社(湯の花神事)

 

【日時】 毎年1月8日*時間はお問い合わせください

【住所】 東京都新宿区新宿5―17-3

【アクセス】

*東京メトロ丸ノ内線、副副都心線、都営新宿線

「新宿三丁目駅」E2出口 徒歩0分

*JR、小田急線、京王線「新宿駅」東口 徒歩10分

【電話】03-3209-5265

【受付期間】1月8日まで随時(特設の納所はない為)

 

鳥越神社

【日時】 平成29年1月8日13時から

(天候により変更することがあります)

【アクセス】*都営地下鉄浅草線 蔵前駅 徒歩5分

      *都営地下鉄大江戸線 蔵前駅 徒歩6分

      *JR総武線 浅草橋駅 徒歩8分

 

浅草神社(お焚き上げ・どんど焼き・左義帳)

【日時】 毎年1月15日 *時間はお問い合わせください

【住所】 東京都台東区浅草2-3-1

【アクセス】*東京メトロ銀座線 「浅草」駅 徒歩7分

*都営地下鉄浅草線 「浅草」駅 徒歩7分

*東武線 「浅草」駅 徒歩7分

*つくばエクスプレス 「浅草」 徒歩10分

【電話】 03-3844-1575

【受付期間】年末12月25日頃から1月15日まで

【受付場所】古札納所

【お焚き上げ出来ないもの】

だるま、熊手、人形、不燃物一般

 

 

 

タグ :                

年末・年始・お正月

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車