五月病かもしれない 五月病とは 五月病だと思ったら 改善する方法 五月病に効く食事 何を食べたら良いか 

暮らしのエッセンス

どうする?五月病!?セロトニンが鍵

読了までの目安時間:約 5分

スポンサードリンク

新年度になり、新しい環境に少しずつ慣れてきたころ・・・ゴールデンウィークが訪れます。

 

ゴールデンウィークが明けると、「なんとなく気持ちが落ち込む」「会社・学校へ行きたくないな」と思ってしまうことはありませんか?

 

五月病とは新しい環境に適応ができず、焦りストレスを感じ、気持ちが落ち込む状態になることをいうそうです。

 

五月病症状には「なんとなく気が落ち込む」ほか、「疲れやすい」「仕事や勉強、家事などに集中できない」「眠れない」「頭痛」「食欲不振」などがあります。一般的にこのような症状を「五月病」といいます。

 

医学的に「五月病」という病名は、実は存在しません。

 

就職や転勤、異動、進学などで、4月から新しい環境での生活がスタートするときはやる気があり、その環境に適応しようと頑張ります

 

しかし、人によってはその環境に適応できず、気分が落ち込んだり、体調不良が続いたり、心身不調が現れてきます。

スポンサードリンク



病院へ行くと「適応障害」と診断されるのですが、多くの人がゴールデンウィーク明けごろに症状を訴えるため「五月病」と呼ばれるようになりました。

 

どのような人でも五月病になる可能性はあります。
体の不調として…

めまい、吐き気、胃痛、動悸、体がだるい、食欲がない、不眠、肩こり、頭痛などの症状が現れます。

 

心の不調として…

なんとなく気分が落ち込む、やる気が起きない、焦りや不安感がある、集中力が低下する、イライラする、思考力が低下するなどの症状が現れます。

 

五月病一過性のものです。

 

うつ病などの精神疾患とは違い、1ヵ月~3ヵ月ほどで自然と環境に慣れ、症状が良くなるといわれていますので、リフレッシュストレスケアをして深く考えすぎないように過ごしましょう。

 

五月病の症状が現れたと感じたら、すぐに気分転換・リラックスをしましょう。
どうしても症状が重くて辛い時や、症状が長引くときは、我慢せずに病院へ行きましょう。

 

生活習慣が乱れると、ストレスをより感じやすくなってしまいます。
普段から食事睡眠を十分にとるようにしましょう。
休みの日は、きちんと休息をとるようにしましょう。
学校や職場のことを休みの日も考え続けると、それがストレスになってしまいます。
オン・オフの切り替えをして、休む時はしっかり休むようにしましょう。

 

セロトニン

 

誰でもかかる可能性のあるものなので、少しでも症状が現れたら、気分転換・リラックスをして症状が重くならないようにするといいですね。

 

ストレスを抱えやすい現代社会ですので、適度に気分転換・リラックスをし、ストレスと上手に付き合っていくのも大事なことなのかもしれません。

 

五月病を解消するカギはセロトニン

 

セロトニンとは神経伝達物質の一種で、精神を安定させる作用をもっています。
セロトニンが不足すると、気分が落ち込んだり不眠になるなど、うつ病につながるともいわれています。
セロトニンを作り出すには、必須アミノ酸であるトリプトファンやビタミンB6、炭水化物を一緒にとることが大切です。

 

Èトリプトファン : セロトニンの材料となる必須アミノ酸

多く含むもの…肉や魚大豆製品乳製品などの良質なたんぱく質

 

ÈビタミンB6 : トリプトファンをセロトニンに変えるために必要なビタミン

多く含むもの…青魚、鶏肉、バナナ、さつまいも、パプリカ、かぼちゃ、ニラ、アボカド、ほうれん草、ブロッコリー、ナッツなど

 

È炭水化物 : セロトニンを効率よく脳内にとりこむ働きをする

多く含むもの…ご飯やパンなどの穀類いも類など

 

ÈビタミンCカルシウムの多い食品をとりましょう。
ビタミンCは、ストレスから体を守るホルモンを作る時に使われています。
このため、ストレスがたまってイライラするとビタミンCが失われてしまいます。
また、カルシウムには神経の興奮を抑えたり、神経の伝達を正常に保つ働きがあります。

情報提供:知っておきたい基礎知識

 

スポンサードリンク

 

タグ :       

新生活

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車