皮脂対策

暮らしのエッセンス

梅雨になったら感じる特有の肌の悩みありませんか?

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

ベタベタするのは湿気のせい?

 

メークが湿気に負けてくずれやすい

 

梅雨はしっとり潤っている気がする。

ザラつきが気になるから、洗顔だけを念入りに。
べたつくからクリームは使いたくない……etc。

 

梅雨時は湿度が高いから「肌は潤いやすい」と思いがちですが、角層深部が乾燥してしまう「インナードライ」という落とし穴です。

 

表面は潤っているように見えるため、たくさんの勘違いへとつながっています。

 

梅雨の肌は中がカラカラのインナードライに

肌のベタつきが気になり「皮脂対策に追われがち」ですが、本当に必要なのは乾燥対策です。
化粧水は丁寧に付けるようにしましょう。

スポンサードリンク


 

特に天然保湿因子の元となる複合アミノ酸は化粧水でしっかり補いましょう。
分子が細かいアミノ酸は肌に浸透しやすく、梅雨時のインナードライを防ぎます。

 

浮き出てしまった皮脂はこまめに拭き取り、ファンデーションではなくパウダーでお直しをすると肌がサラサラとして負担も最小限に行えることができます。

 

また、梅雨の時期は油を多く含んだ化粧品は肌に汚れを付着させる原因になります。

 

ルースパウダーなどで肌にフタをして、湿気からも乾燥からも肌を守りましょう。

 

テルテル坊主

 

根深いインナードライを解消するにはクリームがピッタリ。
特に肌が自ら美しくなる力を発揮する睡眠中は、クリームで潤いを閉じ込めてじっくりと潤い美容成分を補給することで、その効果が高まります。

 

夜のクリーム習慣で、梅雨のインナードライに負けない潤い肌を叶えましょう。

参照サイト:女性の美学

 

スポンサードリンク

 

タグ :     

梅雨の季節

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車