ジメジメ 梅雨時期 快眠する方法 寝苦しい夜 蒸し暑い夜を快適に 快眠のための運動 除湿効果 木炭 

暮らしのエッセンス

蒸し暑い夜もグッスリ快眠したい

読了までの目安時間:約 4分

スポンサードリンク

最近湿度が上がって蒸し暑く感じる夜が続いています。

 

ネットでも快眠グッズの特集が組まれていますが、グッズだけに頼らず何かいい方法はないかと探しました。

 

といいながら、まずは快眠グッズ。触れるとひんやり冷たい素材でできたシーツや枕カバーなどがあります。

 

これは汗を吸収し、即座に乾くものも販売されています。
実際の感触がずいぶん違うのでしょうね。お値段にも幅があります。

 

不快感の原因は暑さよりも『湿気』である可能性が高いようです。
お部屋自体の湿度を管理してみましょう。

 

エアコンの除湿機能を使う以外にもいろいろあるようです。
梅雨の時期に快眠するための秘策を紹介します。

 

 

除湿機を使う。部屋のジメジメを効果的かつ満遍なく除去することができます。
その他、部屋干ししている洗濯物も乾くのが早くなります。扇風機と併用することによって部屋の中の湿気が動き、さらに効果的な除湿効果が期待できます。

 

バーベキューで使うような木炭も、除湿効果が期待できます。

 

木炭に空いている小さな穴から湿気だけでなく、嫌な臭いを吸い上げてくれる便利なアイテムです。
お洒落な百均の籠などに入れて置いておくだけで、素敵なインテリアとして見せることができますね。

 

OH ! 重曹も湿気に良いそうです。
ビンに、重曹を結構多めに入れてお気に入りのアロマオイルを入れます。
これをお部屋の中の湿気が気になるポイントに置くだけ。

 

これで、部屋の湿気&ジメジメ臭を吸い取ってくれる除湿アイテムの出来上がり!
置いておくだけなので、なんの手間もかかりません。

 

重曹

 

お部屋の湿気は何とかなるとして、睡眠時に大量の汗をかくのは、新陳代謝が上手く作動していないからだそうです。

 

有酸素運動によっては、そういった機能をもとに戻し、大量の寝汗をかく、という事態を防いでくれそうです。

 

おまけに、心地の良い疲れによってぐっすりと眠れそうです。
あくまでも「快眠のための運動」なので、筋トレのような激しいものでは逆効果となります。
また、カロリーを消費させる目的のダイエット運動とも違います。

 

ヨガをする女性

 

寝る直前にするのであれば、ゆっくりストレッチやヨガもおすすめです。

 

また、体を動かせない時には、入浴でも同じような効果が得られます。
入浴は、ぬるめのお風呂にゆっくりとつかりましょう。熱いお湯だと興奮して逆効果になります。注意しましょう。

 

毎日継続して行うことで、新陳代謝も少しずつ改善されていきます。
ジメジメした季節、ぐっすり眠って疲れを秋まで持ち越さないようにしましょう。

 

 

タグ :      

梅雨の季節

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車