ゆにガーデン 営業期間 営業時間 入園料金 アクセス 北海道ゆにガーデン 季節ごとの花 特徴 みどころ

暮らしのエッセンス

ゆにガーデン 北海道夕張の英国風ガーデン 四季の見どころ

読了までの目安時間:約 4分

スポンサードリンク

札幌から南へ車で約1時間の場所にある由仁町の田園風景に、ひと際映える色鮮やかなガーデン。敷地面積14.2haの、日本最大級のハーブガーデンです。

 

12のテーマガーデンはそれぞれのコンセプトを持ち、独立した空間となっています。

 

また、ハーブの種類も豊富で、手に触れて香りを楽しみながら園内を巡ることができます。

 

園内には、バス「ハービー号」が巡回しており、足腰に自信のない方や子どもたちに人気です。

 

ショップではお土産にもちょうどいいハーブのクッキーや、オリジナルブレンドのハーブティーが販売されています。

 

レストランでは、地元の野菜をふんだんに使ったビュッフェが好評です。自分でブレンドできるハーブティーも人気。

 

ランチだけの営業で大人1,750円(入園料も含まれる、6月~9月は1,950円)。

 

四季折々に楽しめる「ゆにガーデン」の見どころを季節ごとに詳しく紹介します。

 

★ゆにガーデン四季の花々とみどころ

4月下旬~5月下旬は毎年「さくらまつり」が開かれます。
春いちばんのガーデンは全体がほんのりピンク色に染まります。

 

5月中旬にはエゾヤマザクラをはじめ、ハナモモやクラブアップルなどの樹木が小さな花を枝一杯に咲かせます。
さらに5月下旬から1人600円でイチゴ摘み体験も可能。

 

クラブアップル

 

6月中旬からは「リナリアフェスタ」が開催されます。
7月中旬まで、土曜、日曜、祝日の夜はライトアップされたリナリアの大地が見られます。

 

8月上旬~中旬は、土・日曜の夜に6種類1万5000株のユリの花、そして200株のアジサイエリアとブロードウォークがライトアップされとてもロマンティックです。
夕方からのデートにおすすめです。

 

1万5000㎡の広大な「コスモス開花エリア」では、9月~10月の約2カ月間、50万本ものコスモスが咲き乱れます。

 

開花期間中に行われる「コスモスフェスタ」では摘み取り体験ができます。

 

普段は一般向けのハーブガーデンですが教会があり結婚式場としても利用できます。

 

花や緑に囲まれて記念樹を植える事ができるので参加した全員の記念になると思います。

 

ゆにガーデン

 

★ゆにガーデン

営業期間:2017年4月22日(土)〜10月22日(日)

営業時間:10時~17時
※土曜・日曜・祝日は9時~
※入園は閉園の30分前まで
定休日:開園中無休

 

入園料金
・4月22日~5月31日、10月1日~10月22日
大人310円、65歳以上210円、小学生110円
・6月1日~9月30日
大人620円、65歳以上420円、小学生300円

 

駐車場:無料

第1駐車場(大型バス22台・普通乗用252台)
第2駐車場(20,000平方m)

 

住 所:夕張郡由仁町伏見134-2
問い合わせ先:0123-82-2001

 

アクセス
・JR千歳線「由仁」 から、タクシーで約5分
・地下鉄東西線・JR線「新さっぽろ(札幌)」 から、夕鉄バス(夕張方面行)で「由仁駅前」下車、タクシーで約5分

 

ゆにガーデン公式サイトより

 

 

タグ :        

植物園、花公園

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車