小田原フラワーガーデン トロピカルフルーツ試食 ヒスイカズラ 梅名所 ウメの花有名 バラ園 花しょうぶ  芝生の広場がある公園 子ども連れ遊べる公園 家族連れお花見関東周辺   

暮らしのエッセンス

小田原フラワーガーデン

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

小田原フラワーガーデンは、『花と緑の生活文化の創造』をテーマに「豊かなライフスタイルを築く”楽しい花園”づくり」を目指して平成7年にオープンした植物園です。
「渓流の梅林」には約200種類480本の梅が植栽され、観梅時期(1月上旬〜3月上旬)に、一面に広がる梅の花は壮観です。

 

他にもバラ園や、花しょうぶなど、1年を通して様々な草花の開花を楽しめます。
また、メインの温室施設のトロピカルドームでは、熱帯・亜熱帯の植物が栽培されていて、ハイビスカス、カトレアなどの鮮やかな花や、トロピカルフルーツ「パパイヤ、スターフルーツ」など、約300種以上の熱帯植物が楽しめます。
トロピカルフルーツを試食することもできますよ。

スポンサードリンク



中でも、3~5月に開花するエメラルドグリーンの花色が美しいヒスイカズラは必見です。

園内広場には、散策に訪れる方も多く、夏場のアルカディア広場「踊る噴水」は子供たちに人気です。

 

★小田原フラワーガーデン

住 所 :  神奈川県小田原市久野3798-5
営業時間 :  9:00~17:00
定休日 : 月曜定休
料 金 : トロピカルドーム入館料:大人(高校生以上)200円/小中学生100円
アクセス電車 : 伊豆箱根鉄道大雄山線「飯田岡駅」から徒歩約20分
アクセスバス : 小田原駅東口から伊豆箱根バス「フラワーガーデン行き」で最終下車すぐ

駐車場:無料・乗用車140台/身障者用6台

 

★県立おだわら諏訪の原公園

小田原フラワーガーデンに隣接する諏訪の原公園へは遊歩道でつながっています。太陽光発電や屋上緑化、雨水利用など、環境にやさしいシステムを取り入れた、環境共生型のパークセンターです。
パークセンター前には修景池があり、夏場には小さい子供たちの水遊び場としてにぎわっています。
また、パークセンター内には多目的トイレ・授乳スペースも用意してあります。
諏訪のはら
多目的広場
広々としたです。散策やレクリエーション、ピクニックなど、のんびりと自由に楽しむことができます。
また、公園内には約60本のヤマザクラがあり、多目的広場から花見が楽しめます。
ローラー滑り台
県立都市公園で最長の、全長169mのローラー滑り台です。足柄平野を一望できる陽だまりの丘の斜面にあり、最高の眺めを楽しみながら一気に滑り降ります。
その他にも、「ふるさと果樹園」,「ふるさと農園」があります。

 

利用時間 : 8:30~17:00
休館日 : 年末年始
※公園は年中無休です。
駐車場 : 無料/芝生保護材を用いた緑化型駐車場です。
小田原フラワーガーデン、西武造園公式サイトより

スポンサードリンク

 

タグ :            

植物園、花公園

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車