鬼怒川温泉 月あかり 花回廊2017 開催期間 川治温泉月あかり花回廊 イベント内容 点灯時間 アクセス 行きかた 問い合わせ先

暮らしのエッセンス

鬼怒川・川治温泉 月あかり花回廊の開催期間は?

読了までの目安時間:約 4分

スポンサードリンク

関東の奥座敷といわれる鬼怒川・川治温泉では、「月あかりの下で自然と人のやさしさに出逢う」というテーマをかかげ灯りのイベントが開催されます。

 

月あかりの下で見ると『女性は綺麗にみえます!』ので、ぜひお出かけください。

柔らかな行灯の灯火(ともしび)が、心の美しさも照らしてくれることでしょう。

 

 

"星空や地域の人たちのふれあい"を『あかり』や『花草木』を基調に両温泉街を演出するというものです。

 

鬼怒川・川治周辺の宝ともいうべき" 自然 "を認識し、”人とのふれあい”を通じ癒しの空間を創出することを目的に地元の方々が一丸となって取り組みを始め、今年で8回目の開催を迎えるそうです。

 

あたたかなおもてなしで温泉地に来たお客様をお迎えしたいという気持ちを表したイベントです。

 

月あかり花回廊の開催期間

開催期間:2017年9月30日(土)~10月9日(月・祝)
点灯時間:18時30分~21時30分
※期間中の土・日は22時00分まで

 

会 場:鬼怒川温泉 鬼怒川公園
主 催:月あかり花回廊実行委員会
後 援:日光市/東武鉄道株式会社/JR東日本大宮支社/下野新聞社
協 力:各種関係団体
問い合わせ先:TEL:0288-22-1525  FAX:0288-77-0201
月あかり実行委員会(日光市観光協会鬼怒川・川治支部内)
※天候などにより変更または中止になる場合もあります。

 

月あかり花回廊 イベント内容

野州麻紙の行灯、鳥山和紙を使った行灯、日光提灯が並びほっこりあたたかな空間の「とちぎのあかり」や地域の子ども達が描いてくれた行灯が並ぶ「みんなのあかり」。

 

また、陶芸作家による大谷石の行灯や焼き物の行灯など芸術的な灯りの数々があるかと思えば、”藤の花”をイメージしたあかりのトンネルなどもあり時間を忘れ夜の暗さとさまざまな灯りを楽しめます。

 

みんなの灯り

 

特に印象深いのがそれぞれのエリアで月あかりを呼び込む和傘や竹による演出です。

 

その他、コンサートや屋台などのほか、おもてなしのイベントや「湯めぐり散歩」「まちなか幸せグルメ」などの嬉しいイベントもあって、どこへ行ってもしっとり華やかに迎えてくれます。

 

アクセス
東武鬼怒川線「鬼怒川温泉駅」より無料シャトルバスをご利用ください。

 

日光花回廊

 

ひんやりした秋の夜風を満喫した後は、芯から温まる鬼怒川温泉・川治温泉のお湯につかって、おもてなしの灯りを思い出に焼き付けてみましょう。

…やっぱり大切な方と行きたいですよね

月あかり実行委員会公式サイトより

 

 

タグ :    

灯りのイベント

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車