新朝ドラ「とと姉ちゃん」とは 「あさが来た」の次の朝ドラは とと姉ちゃんどんな話 とと姉ちゃん主人公 暮らしの手帳がモデル

暮らしのエッセンス

新朝ドラ「とと姉ちゃん」とは?(NHK2016年前期)

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

NHKの朝の連続ドラマ「あさが来た」も”五代ロス”なる言葉が出るなど盛り上がっている様子ですが、クライマックスが近くなれば、なるほど 次の朝ドラが気になるのが人情ってもんです!?

 

今話題の女優 高畑充希が朝ドラヒロインに!

杏主演の朝ドラ「ごちそうさん」で西門希子役を演じブレイクした女優高畑充希(たかはた みつき)が、平成28年4月スタートのNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(月~土曜午前8時)で、戦後の混乱期、亡くなった父親の代わりに家族を支えてたくましく生き抜いた主人公を演じる。連続ドラマはこれが初主演となる。

あらすじ

静岡・遠州の自然豊かな繊維の町でおてんばに育った常子は、12歳で父を亡くしたことを境に家族の父代わりとなり、妹たちからは“とと姉ちゃん”と呼ばれるように。その後、一家は母方の祖母を頼って上京し、東京・深川の材木問屋に間借りする。厳格だが愛情深い祖母の下、常子たちは戦時中を生き抜き、終戦を迎えると“これからの世の中は女の人たちが幸せにならなきゃいけない”と決意し“女の人のためになる雑誌をつくろう”と家族で小さな出版社を起業する。

一世を風靡した生活総合誌「暮しの手帖」の創業者らの軌跡をモチーフにしたフィクションの作品です。

「とと姉ちゃん」の物語のハイライトは、東京が焼け野原となった戦後から。常子の人生は、「暮しの手帖」の創業者である大橋鎮子(おおはししずこ)氏の足跡をモチーフとして描かれていきます。

NHKの発表によれば「とと姉ちゃん」は、「実在の雑誌群や、人物などをモチーフとしていますが、戦前戦後の昭和史を大いなる愛をもって生きていくある家族の物語として大胆に再構成し、登場人物や団体は改称し、フィクションとしてお届けします。」とのこと。

朝ドラらしい人情喜劇を描きながら、「日常の生活の大切さ」に寄り添い、力強く戦後を生きた女性像を描いてくれるのではないでしょうか。

「暮らしの手帳」とは、暮しの中に役立つ情報を紹介している生活総合雑誌で、現在もなお発刊されています。毎奇数月25日頃発売予定になっています。

 

タグ :      

耳より情報 テレビドラマ

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車