オリエンタル和装とは 振袖和ドレスとは オリエンタル和装 着付け方 イメージ 結婚式披露宴お色直し 和柄 和風ドレス 成人式の振袖 切らずに変身 振袖帯 

暮らしのエッセンス

ネットで話題沸騰!成人式の振袖でオリエンタル和装

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

お母様から譲り受けた大切な振袖や、二十歳の時にご両親が用意してくれた想いのこもった振袖をドレスに…いま、ネットをにぎわせている「オリエンタル和装」というのを知っていますか?

 

「振袖和ドレス」とも言われており、振袖を切ったり、縫ったり一切加工することなくドレスとして着付けしてもらうだけだそうです。

もちろんすぐに振袖として着ることができます。

 

結婚式披露宴で、新婦が成人式の振袖を鋏を入れずドレスとして着ていたのを「ほんとすごいこれ!どうなってんの?」ということで広まっています。

首都圏以外の披露宴会場でも見られるこの着付けは、ドレスだけよりもインパクトがあるうえ、着物と帯のゴージャスさ、和柄の奥ゆかしさもあり好評のようです。

 

 

 

振袖があればドレスも着られる。着物を着付けの技だけでドレスに変身させる
「振袖和ドレス」は世界にたった一つのあなただけの和風ドレスです。
振袖和ドレス

 

振袖とドレスが着付けの技術のみで ひとつの衣装になる 新しい衣装!!

おばあちゃんやお母様に譲り受けたり、買って頂いた振袖を 結婚式のお色直しで新しい衣装として登場 ♪ 凄いじゃないですか!

 

振袖和ドレス

 

ベースとなるドレスの上に振袖を巻く感じです。

振袖の後ろの部分(後ろみごろ)が全面にきます。振袖の絵柄が後ろの方をカバーする形となっているようです。

もちろん、仕上げは振袖帯。華やかに結んで世界に一つだけのオリジナルドレスの完成です。

 

オリエンタル和装 後姿

 

成人式を控えて、「振袖どうしようかな?」なんて母娘で話し合っている家もあると思います。「一度っきりでどうせ着ることも無いし。スーツかワンピースでいっか」なんて悲しいこと言わずに 将来は明るいですよ!お母さま。

ぜひ、振袖を着させてあげて欲しいなぁ。

そして、結婚式のお色直しにはオリエンタル和装で。

 

写真と情報:weddingplanner Miyuki Hamasuna

 

 

タグ :     

耳より情報 トレンド

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車