中国合作映画 空海-KU-KAI- なぜ今、中国映画なのか? ホアン・シュアンのプロフィール チェン・カイコー監督作品 特徴 私のキライな翻訳官DVD 発売日 レンタル開始 日中共同制作映画 空海 主演 染谷将太 キャスト

暮らしのエッセンス

空海 ―KU-KAI― なぜ今 中国合作なのか?

読了までの目安時間:約 7分

スポンサードリンク

近年ロシア、インド、韓国、シンガポールなどこぞって中国との共同制作映画が撮られているように感じられます。

 

その傾向は日本でも決して例外ではなく、2018年2月24日(土)ロードショーの「空海―KU-KAI―」は、何もかもBIGなスケールのようです。

 

では、なぜ今”中国”なのでしょう?

 

 

中国で映画製作する理由

中国では、大作仕掛けの映画製作に欠かせないVFX(ビジュアル・エフェクツの略)にこの5年で20万ドルだった予算が1000万ドル以上当てるようになったからという見方があります。

 

そのため中国の映画産業では、大作や大仕掛けの映画を作るために激しい競争が見られるようになってきました。

 

しかしハリウッド映画のような優れた大衆エンターテインメントの作品を制作できるレベルにないため、著名な映画プロデューサーなどと共に作品を作りいろんな場面でのスキルを勉強したいというわけです。

 

原作・脚本だけでなく、予算管理やスケジュール調整の分野に至るまで。

 

つまり、海外の映画プロデューサーや脚本家たちにとっては、大きなビジネスチャンスというわけです。

 

「中国には約13億人の人口がいるが、まだ、すべての人たちが映画を鑑賞しているわけではない。」

 

中国の映画市場は、まだ開拓の余地があり、とてもエキサイティングなマーケットといえます。

 

中国国民のハートをつかむ映画を作れば、世界的な大ヒット作となり興行収益は計り知れないものとなるでしょう。

 

日中合作映画「空海―KU-KAI―」

本作は『陰陽師』『エヴェレスト 神々の山嶺』などの作家・夢枕獏の小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を原作とし、『さらば、わが愛/覇王別姫(はおうべっき)』『始皇帝暗殺』などを手がけたチェン監督がメガホンを取って、日本と中国が共同製作する映画です。

 

総製作費150億円、スタッフ約1,000人というハリウッド並みの大作映画で、チェン監督が6年かけて作らせたという「襄陽の沼地の広大な唐のセット」は実に圧巻な光景です。

 

美しいビジュアルで作られた歴史冒険物語のおおまかなあらすじを紹介します。
盟友たちと共に遣唐使として日本から唐・長安へ渡った若き僧侶・空海は、ありあまる才能と言葉を駆使して多くの人々を魅了していきます。

 

一方、長安では人の死を予言する猫の化物の事件が相次いで発生。その噂を耳にした空海が、唐で出会った詩人・白楽天と共に長安を脅かす謎の怪事件に迫る歴史冒険物語です。

 

日本からは染谷将太が若き日の空海となりほかに松坂慶子も、空海たちが追い求める「楊貴妃の謎」を解く秘密を知る女性・白玲という重要な役どころで出演しています。

全編通して中国語のセリフのため相当苦労されたのではと思います。

 

相棒の詩人・白楽天役は中国で好感度俳優第1位にも選ばれたことのある人気俳優のホアン・シュアンさんです。

 

中国の若手実力派スター黄軒(ホアン・シュアン)さんとはいったいどんな人なのでしょう?

 

黄軒 (ホアン・シュアン)プロフィール

名前:黄軒

読み方:ホアン・シュアン
生年月日:1985年3月3日
北京の舞踏学院出身。

 

デビューは意外と最近で2007年の映画『地下的天空』とドラマ『真情人生』で映像の世界にデビュー。

中国では「大器晩成型の俳優だ」と言われている存在だそうです。

 

空海と白楽天のツーショット場面

 

2014年になるとドラマ『紅高粱』ヒロイン九児の初恋の相手・張俊傑、 『黄金時代』の羅賓基、『藍色骨頭』の陳東、『推拿』の小馬などに出演。

 

主に映画界で活躍し、ロウ・イエ監督の『ブラインド・マッサージ』で注目を集め、チャン・イーモウ監督&マット・デイモン主演の『グレートウォール』など話題作への出演が相次ぐ注目株です。

 

第30回東京国際映画祭にも登壇したことで日本でもその"塩顔イケメン"ぶりが一気に広まり、着実に日本でもファンを増やしているとか。

 

さらに正統派ロマンチック・ラブストーリーに主演で登場しています!

ドSなクセにちょっぴり恋愛ベタな天才通訳をキュートに熱演し、中国のみならず、日本のファンのハートも撃ちぬくこと間違いなし!

 

 

白楽天を演じたホアン・シュアンが、正統派ラブロマンスの主演を務め話題になった「私のキライな翻訳官」のDVDが来年1/24(水)よりセル&1/6(土)よりレンタルDVDが順次リリースすることが決定いたしました!

 

空海 ―KU-KAI―  チェン・カイコー監督

チェン・カイコーは1952年生れ中国出身で、代表作には第46回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した1993年公開の『さらば、わが愛/覇王別姫』や、 サン・セバスティアン国際映画祭監督賞を受賞した2002年公開の『北京ヴァイオリン』などがあります。

 

非常に美しいアートワークが魅力の監督として国際的に定評があり、「この映画(本作)が夢の唐の時代にみなさんをお連れします」と自信をのぞかせています。

 

参考:livedoorニュース

 

メインキャストの他にも中国側からの美男美女の出演に公開されてからも話題が多そうな作品のようです。

 

日本公開に先立ち、中国では12月22日に公開されるそうです。

これから名前を聞くことが多くなりそうな俳優・女優は誰か?も楽しみに早く観てみたい映画です。
 

 

タグ :          

耳より情報 トレンド

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車