フレイルとは フレイルの前兆 フレイルになるとどうなる? 運動不足を感じたら 元気が無い やる気が出ない 美味しく感じなくなった 億劫になった  医学文献  コメディカル 

暮らしのエッセンス

フレイルチェックをして いつまでも元気!!

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

要介護状態の前段階を指す「フレイル」という言葉をご存知ですか?

直訳で「虚弱」という意味だそうです。”身体的、心理的、社会的”の3つの側面があるそうです。それぞれについて紹介します。

 

★「身体的フレイル」

一般的にはサルコペニアという筋肉の衰えが原因で会談をあがるのが苦痛になったり、転倒しやすくなることを言います。そしてもうひとつ、お口のオーラルフレイルも付け加えています。虫歯や歯周病などが原因でさいころステーキ位の硬さのものが食べにくくなり、食べる食品も少なくなる状態です。味噌汁でむせたり、食欲の衰えも表れます。

★「心理的フレイル」

うつ傾向が典型的ですが、家事やショッピングが楽しめなくなったり、永年集めていた趣味に興味を示さなくなったりします。

 

★「社会的フレイル」

友達と食事に出かけなくなったり、カラオケに参加しなくなったり、社会から孤立しがちになります。

飯島准教授提出資料より

★サルコペニアの危険度を自己チェック!

フレイルをまねくサルコペニアの危険度を簡単に自己チェックする方法として、「指・輪っかテスト」があります。利き足でない方の足のふくらはぎを左右の指でつかみ輪っかを作ります。左右の指先の間に隙間が出来るほどふくらはぎが細いと危険性があるということになります。

 

なぜ、ふくらはぎの大きさがフレイルの目安になるのか…。例えばおっくうで活動的でなかったり転びやすくなったり、好きなものが食べれなくなってしまうと、ふくらはぎは細くなります。実はこの状態がフレイルの前兆なのです。

 

フレイル研究の第一人者で有名な 東京大学高齢社会総合 研究機構准教授 飯島勝矢氏は、3つの中でも「社会性の高さ」が鍵になっていると言います。人と人との関わり合い、つまり社会性は活動量、精神、心理状態、口腔機能、栄養状態、身体機能など多くの面で影響を与えることになるからです。

飯島准教授は「自身が早期に気付く簡便な自己判定法として、有用な方法」と紹介しています。

飯島准教授提出資料より

 

タグ :          

耳より情報

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車