眠れないを改善する方法 寝る前に有効なヨガ グッスリ快眠 呼吸法 グッスリ寝れた方法紹介

暮らしのエッセンス

ぐっすり眠れる 寝る前なんちゃてヨガのやりかたは?

読了までの目安時間:約 4分

スポンサードリンク

なかなか寝付けない!眠りが浅く何時間か置きに目が覚める。

デスクワークが主な仕事だったり、クーラーでいつの間にか体が冷えていたりすることもあります。

 

次の日の仕事にも支障が出てきますし、車を運転される人は特に気をつけねば…ですよね。

 

そこで、超初心者のわたしでも簡単に出来て、すぐに効果が得られた『寝る前なんちゃってヨガ』を紹介します。

 

 

寝たままヨガもどき

 

就寝前に行う寝たままヨガは、横になって安静な状態で行うので、横隔膜を動かしやすくなり、自然に腹式呼吸になりやすいというメリットがあります。

 

腹式呼吸はリラックス効果が高く、就寝前に横隔膜を上下に動かすとで腸が刺激され便秘の改善も期待できます。

 

寝る前に仰向け(顔を天井に向けて)に寝て左右の足の裏同士をつけ、両膝を外側に倒します。

 

両腕を耳の横にだら~んと上げて、まくらをしない状態で行います。
なんちゃってヨガ

 

お腹が大きく膨らむのを感じながら、鼻から3秒~5秒くらいかけて息を吸います。

 

次に口からゆ~っくり息を吐きます。

目安は5~8秒くらいですが、無理をせず『吸った時よりゆっくり長く吐く』を意識しましょう。

 

次に、手足を伸ばしリラックスして眠りに導いていきましょう。

両腕を体の両脇におろし、手のひらは天井にむけます。

ここがポイントです。

宇宙からたくさんの良いパワーを吸収するイメージで行いましょう。

 

両足は「大の字」のように開き気味で、先ほどの要領で、鼻から息を吸い、吸った息を今度はお腹のおへその下あたりに持って行くイメージでゆっくり口から吐きます。

 

大の字

 

これを3回くらい繰り返し、おへその下に「元気の素」パワーが育つようなイメージで行います。

 

呼吸法を行いながら「元気の素」である元気玉をおへその下から両足の指先へ。

足の裏から足の後ろ側を通り背中へ。

頭のてっぺんまで行き顔の表面をなぞりまたお腹まで戻ってきます。

 

元気玉を体の回りに2~3周させれば終わりです。
睡眠のゴールデンタイムと呼ばれる 22時~ 2時の間の深い眠りはダイエット(脂肪の分解)や美肌の味方、成長ホルモンの分泌(若返り)を促します。

 

今日の反省はしない。明日の確認もしない。

今この時に感謝し、今日一日を何とか無事に過ごせた自分に「今日はこれで良い!ご苦労様」と、ねぎらいましょう。

 

質の良い眠りを手に入れるには、決まった時間帯に睡眠をとる習慣も大切だそうです。

 

 

タグ :    

耳より情報 健康

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車