NHKためしてガッテン!加齢臭 撃退法 加齢臭ラクラク撃退法 朝に1分のシャワー 加齢臭 増やさない生活 活性酸素を増やす原因は

暮らしのエッセンス

ためしてガッテン!で紹介された 加齢臭ラクラク撃退法とは?

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

加齢臭は、皮膚を覆う皮脂の一種が原因とされています。
以前 NHKの「ためしてガッテン!」で放送された「朝に1分のシャワー」で、加齢臭を撃退させる方法を紹介します。

 

皮脂がどこから出ているのか詳しく調べた結果、胸と背中の中心付近から特に多く出ていることが分かりました。
しかし皮脂には、肌を乾燥から守るという大事な働きもあるため、取りすぎてもよくないのです。

 

★加齢臭の直接の原因は?

加齢臭の直接の原因は、皮脂が古くなって酸化したり微生物に分解されることで出るノネナールという物質です。
皮脂そのものからではなく、皮脂が古くなることで臭いが発生するのです。

 

 

また、枕が臭う場合もあります。その理由は、頭や耳の後ろ、顔からも皮脂が出るため、この皮脂が枕に染みこみ、時間が経つことで臭うものと考えられます。

 

★加齢臭ラクラク撃退法「朝に1分のシャワー」

加齢臭の簡単撃退法は、わずか1分のシャワーを朝に浴びることです。
体をこすって洗う必要はなく、胸と背中に30秒ずつただ湯をあてるだけです。これだけでも、古い皮脂がきちんと減ることが、実験によって確かめられました。

 

※血圧が高めの人は十分注意してください。

寒くてシャワーを浴びたくないときは、熱めの濡れタオルで胸と背中を30秒ずつ、優しくぬぐうだけでも、シャワーと同等の効果があるそうです。

 

加齢臭は男性も女性も加齢とともに発生し避けようのないものです。
多くの方が想像するような男性特有の臭いではありません。ただ、女性よりも男性の方が皮脂腺の活動が活発なため、原因になるノネナールが発生しやすく、臭いがしやすいのは事実です。
女性は臭いに対して敏感な方が男性より比較的多いようなので、何らかの行動を起こすようです。
ノネナールはパルミトオレイン酸と過酸化脂質によって作られ、パルミトオレイン酸は脂質を多く含む食事によって増加します。
過酸化脂質は活性酸素が関わりますから、活性酸素を増やさないことがポイントです。

 

では、活性酸素を増やしやすい生活とは…?
1,タバコやお酒
2,激しい運動
3,ストレス
だそうです。そのほかにも、食品添加物を食べる機会が多い、時間が経った食べ物(特に油を使った食物)も活性酸素を増やすそうです。
年をとったら「さっぱりしたもの」とはよく言ったものですネ ♪

 

NHKためしてガッテン!公式サイトより

 

 

タグ :     

耳より情報 健康

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車