寒いとき起こる頭痛の原因と症状 冬に注意する病気 低体温症とは 救急医学会 偶発性低体温症とは 急な寒さ 厳しい寒さ 頭が痛い 

暮らしのエッセンス

寒いと起こる頭痛 冷え性と低体温症はどう違うの?

読了までの目安時間:約 6分

スポンサードリンク

例年になく厳しい寒さの日が続いています。

朝から寒く、なかなか体が温まらないうちに仕事を始めたけど、いよいよ頭痛がしてきて…。これって「低体温」の症状なのでしょうか?

 

ときどき「わたしは低体温なんです」という人がいます。

しかし、ほとんどの場合は、正確に体温を測ってみると、36℃以上あるそうです。体温の測り方が悪いだけなのだとか。

 

でも、寒い時頭痛が起きるのは本当によくあることです。

冷え性や低体温が原因なのでは?

 

 

スポンサードリンク


 

 

寒いときに起こる頭痛

  • 急な温度変化による冷えが原因の時

急激に冷えた時に起こる頭痛は、まぶたや後頭部が痛む緊張性頭痛

吐き気を伴うことがあります。

 

暖かい場所から寒い場所に出て、体が急速に冷えると血管は縮小します。
この時に神経が刺激されると、キーンという刺激(痛み)をまぶたや後頭部に感じることがあります。これが緊張性頭痛です。

 

かき氷を食べた時に頭が痛くなるのと同じです。

普段から肩こり・首こりなどの症状に悩まされている人は注意してください。

 

また、冷え性の方は身体が温度変化に敏感になっていて、血管の収縮速度が速くなっています。

そのため頭痛も引き起こしやすくなっています。

 

体温を測る男性

 

  • 体の冷えからくる血行不良が原因の時

急な温度変化ということではなく、体が冷えると血管が縮小するので、血流量が少なくなります。
単純に「血行が悪くなること」で、頭痛がおきます。

 

血液は酸素・栄養・水分を全身I運ぶ働きを持っていますが、体が冷え血行が悪くなるとその作用が低下します。
頭へ十分な酸素・栄養・水分が行き渡らなくなり頭痛を引き起こす場合があります。

 

このタイプの頭痛は、猫背や慢性の肩こり・首こりなどを持っている上に体を冷やすことで慢性のこりがが悪化します。
寒い時期に硬直しがちな筋肉を、運動野ストレッチでほぐしてあげることが肝心です。

 

低体温症とは

医学的な「低体温症」とは、救急医学会の「偶発性低体温症」の定義では、体の中心部の温度が35℃以下の場合をいいます。

 

※偶発性低体温症

事故や不慮の事態に起因する低体温を、低体温麻酔のように意図的に低体温とした場合と区別するために、偶発性低体温症(accidental hypothermia)と呼ぶ。

 

普通の人では、体の中心部の温度は37℃程度に保たれています。

そして体の中心から離れた皮膚の温度はそれより低くなっていきます。

 

「暑い環境」では、体の中心部はもちろん、腕や脚の中心部分までが37℃になっています。

 

「涼しい環境」では、頭や胴体の中心部のみが37℃で、肩から腕、下腹部から脚にかけて広い範囲で温度が低くなっています。

 

ところが「寒い環境」では体の中心部でさえも35℃以下まで低下してしまうことがあり、これを「低体温症」の状態といいます。

 

暖かい

 

低体温症の原因

 

1.寒冷環境:寒い環境
2.熱喪失状態:体熱が奪われた状態
3.熱産生低下:体内でつくられる熱の量が少ない
4.体温調節機能低下:体温を調節する体の仕組みが低下している

これらが単独あるいは複合して発症します。

 

具体的には,山岳遭難,水難事故,泥酔,薬物中毒,脳血管障害,頭部外傷,幼少児,高齢者,路上生活者,広範囲熱傷,皮膚疾患,内分泌疾患(甲状腺・下垂体・副腎などの機能低下)低血糖,低栄養などでおこりやすい。

 

一般的に,軽度低体温(35~32℃),中等度低体温(32~28℃),高度低体温(28℃以下)に分類されます。

 

普段から「低体温なの!」は、軽度低体温ぐらいでしょうか。

いずれにしても良くない状態を放置しているのは良くありません。

 

体温が低い状態とは、健康を維持するための機能が働かない状態ということでしょ!原因を確定し改善するようにしましょう。

 

寒さはもうしばらく続きそうです。どうぞ、ご自愛ください。

 

日本救急医学会公式サイトより

 

 

スポンサードリンク

 

タグ :      

耳より情報 健康

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車