歯ぎしりの根本的な治療 歯ぎしりの原因 顎関節症の症状 自分で気づかない症状 ストレスを感じる時は要注意 歯ぎしりの要素 歯ぎしりしてると言われた 頭痛の原因は 

暮らしのエッセンス

歯軋りしてませんか?

読了までの目安時間:約 4分

スポンサードリンク

歯に大きな力がかかる歯軋(ぎし)りを続けていると、歯がすり減ったり、歯周病が悪化する原因になります。

 

グラインディング,クレンチング, タッピング  これら3つを総称して「歯軋り(ブラキシズム)」といいます。

 

歯軋りがなぜ起こるのか、原因ははっきりとはわかっていませんが、精神的ストレス噛み合わせの異常、顎を動かす咀嚼筋(そしゃくきん)の過度の緊張などが影響していると考えられています。

 

昼間の噛みしめは、仕事や勉強など、何かに集中しているときに起こりやすくなります。

 

昼間起きているときに、食事や会話以外で無意識に歯を噛みしめている人も多く、たとえ弱い力でも、長時間歯を噛み合わせていると歯や顎に悪影響があります。

 

噛みしめに気づいたら、口唇を正しく閉鎖し深呼吸をしてリラックスしましょう。

 

 

顎関節症は文字通り顎の関節に障害が現れる疾患です。
主な症状は、「口が開かない」または「開けにくい」や 口をあけるとき「口がまっすぐ開かない」「下顎が曲がってしまう」顎のズレなどの顎を動かした時の障害がみられます。

 

最も顎に負担をかけるものとして、歯ぎしり食いしばりなどのブラキシズムによる影響が考えられます。

 

歯ぎしりや食いしばりは、無意識のうちに顎の筋肉を異常に緊張させます。

 

その結果、強い力が常に加わるため負担がかかり、歯はすり減り抜ける可能性や噛み合わせも変化することもあります。
また、筋肉や関節にも傷害がおこります。

 

睡眠中の歯ぎしりは、本来心身を休めるはずの睡眠中にもかかわらず、全身の筋肉にまで過緊張が継続します。

 

その結果、頭痛、首の痛み、肩こり、腰痛などを引き起こされる可能性があります。
歯軋りをしているかもしれないと思ったら、歯科医院や口腔外科で相談してください。まず、根本的な治療としては、原因として考えられる因子があれば、除去します。

 

その因子に噛み合わせの異常があれば、かみ合わせの調整を行います。

 

つまり、噛み合わせの異常部分を削ったり、逆に、磨り減りすぎて足りない場合は、その足りない部分を付け足したりすることで噛み合わせを是正します。

 

しかし、このような部分的な噛み合わせの調整だけでは是正できないときは、全体的な補綴治療や矯正治療を検討します。

 

その際に、口唇を正しく閉鎖しリラックスする自己暗示療法を同時に行います。

 

また、歯軋りによる歯の磨耗を防いだり、顎関節への負担を暫間的に軽くするには、「ナイトガード」と呼ばれるマウスピースを装着するのが一般的です。ナイトガードは歯型を取り、患者さん一人ひとりに合わせて作成します。

 

ナイトガードでは、暫間的に歯軋りによる悪影響を防ぐ効果以外に、装着による歯軋りが改善されるかどうかの判定(診断)にもなります。

 

あくまで、ナイトガードは、暫間的な処置になりますから、自己暗示療法と併行して、根本的な治療を受けてください。

 

タグ :         

耳より情報 健康

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車