質の良い睡眠 食物繊維の多い夕食 健康寿命 日本食 白澤卓二 死亡率 質の悪い睡眠

暮らしのエッセンス

質の良い睡眠は食物繊維の多い夕食で手に入れよう

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

昔から睡眠時間寿命が関連していることは知られています。1980年代にアメリカで100万人以上を対象ににした調査研究でカリフォルニア大学のダニエル・クリプペ博士は1日に6.5~7.5時間の睡眠を取っている人が最も死亡率が低く、それ以下でもそれ以上でも死亡率が上昇することを明らかとしました。

 

日本の調査研究でも40~79歳の男女約10万人を10年以上に渡って追跡調査した結果、日本人の平均睡眠時間は男性7.5時間、女性7.1時間で、死亡率が最も低かったのは、男女ともに7時間の睡眠を取っている人であることが報告されています。

 

しかしながら、睡眠時間が十分に確保されても質の悪い睡眠だったら健康効果は期待できません。夕食睡眠の関係に関してはこれまでは詳細には研究されていなかったのです。

そんな中、米国コロンビア大学の医療センターのマリー・ピエール・オンジュ博士らの研究グループは夕食の食物繊維、飽和脂肪酸と糖質の量が睡眠の質に影響を及ぼしていると報告し話題を呼んでいます。

研究チームは平均年齢35歳で標準体重を保っている成人男女26人を対象に糖質脂肪酸食物繊維などの栄養素が管理された食事を4日間摂取させ、平均7時間35分睡眠をとり、5日目は自由な食事を摂取しました。研究チームは毎日、睡眠ポリグラフィという測定装置で客観的睡眠データを収集し、3日目と5日目の睡眠の質を比較検討したところ、その結果、夕食に含まれる食物繊維の量が多いと深い徐波睡眠の時間が長く質の良い睡眠が取れていることが判明しました。反対に、飽和脂肪酸からのエネルギーの割合が高くなると睡眠の質が下がることが分かりました。

さらに、糖質が多いと睡眠からの覚醒が多く質の良い睡眠が取れないことが判明しました。カロリー控えめで糖質を抑え食物繊維の多い日本食が良い睡眠にはお勧めということでしょうか。

質の良い睡眠をとり続けることが、結果として健康寿命を延ばすことになるのですね。

 

★★白澤卓二(しらさわ・たくじ) 1958年神奈川県生まれ。1982年千葉大学医学部卒業後、呼吸器内科に入局。1990年同大大学院医学研究科博士課程修了、医学博士。2015年より白澤抗加齢医学研究所所長。日本テレビ系「世界一受けたい授業」など多数の番組に出演中★★★

news.mixiより

 

タグ :        

耳より情報 健康

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車