冬物衣類のクリーニング お店に出す前にすること ドライクリーニングの意味 洗濯機のドライコース ドライマーク洗剤 

暮らしのエッセンス

冬物衣類のクリーニング ちょっと待って、お店に出す前に

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

冬服は夏服と異なり、なかなか毎回お洗濯されないことが多かったと思います。また、コートなどシーズン中に1度も洗わず、衣替えの時だけ洗うという方もいらっしゃるようです。

冬服をクリーニングにお願いする前に行って頂きたい、注意点を紹介します。

本来、衣服は着用する度に汚れが付着しており、その都度お洗濯をするべきですが、冬服の多くは家庭洗濯が難しかったり、見た目では汚れていないばかりか匂いもないものも多く、当然コートなど、ほぼ毎日使用していた衣服になると、汚れはたっぷり蓄積しています。また、衣服がかなり疲労しています。となると、衣服は何処かしら変化が起きているものです。

クリーニング前の状態に対する認識の違いがトラブルのもと!

冬服に限らず、クリーニングにお願いする前に衣服をしっかりチェックしていますか?

そこで少なくとも、以下のポイントをチェックしてからクリーニング店にお持ち下さい。

  • ポケットの中身は全て取り出しましたか?
  • 破れている所や糸がほつれている所はないですか?
  • シミ・汚れ・傷はないですか?
  • 付属品に壊れているものや取れかかっているものはないですか?

スポンサードリンク


冬物衣類はたくさんあるので、全部をクリーニング専門店へ持っていくとなると結構な出費。できれば抑えたいところです。ドライクリーニングとは、ドライクリーニングができるという意味です。 ドライクリーニングしかできない、という意味ではありません。水をほとんど使わず、専用のドライ溶液を使った洗濯法のことを「ドライクリーニング」といいます。 水に弱い衣類を、水の影響から守りながら、汚れを落とす方法です。 油汚れを効果的に取り除き、型崩れや縮みが少なく、色落ちしにくい、といった特長を持っています。

反面、水溶性の汚れ(汗や食べこぼし等)が落ちにくいという弱点があります。

ドライマーク洗剤」とは、家庭でドライクリーニングマーク付きの衣類を水洗いするための洗剤です。 ドライクリーニングで使用される油脂汚れを落とす成分が配合されており、 水溶性の汚れと油溶性の汚れの両方に効果を持っています。 ただし、あくまでも水洗いなので、型崩れしたり、縮んだりする可能性がありますし、色落ちの心配もあります。

洗濯機の「ドライコース」とは、ドライクリーニングではなく「水洗い」。 洗濯槽の中で洗濯物をほとんど動かさずに、水流で洗濯溶液を移動させて、衣類を傷めないように洗うという方法です。

自分で洗えるものはないか?洗うならどこに気をつければよいか?コツを覚えて賢く暮らしましょう!!

スポンサードリンク

 

タグ :         

耳より情報

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車