東京ガーデンテラス紀尾井町詳細 紀尾井タワー 紀尾井テラス 紀尾井カンファレンス ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町 

暮らしのエッセンス

東京ガーデンテラス紀尾井町 2016年7月27日オープン

読了までの目安時間:約 5分

スポンサードリンク

東京の新名所として2016年7月27日(水)オープンを控えている東京ガーデンテラス紀尾井町の詳細を紹介します。外観は伝統的モチーフの重箱をイメージさせる直線的で凛々しい建物としてデザインされています。

 

紀尾井タワー/オフィス

オフィス・ホテル棟内の5~28階を占めるオフィスフロアは、ワンフロア1,000坪超、大スパン奥行き20m×ワイド70mの開放的な空間を実現。

南北面は全面ガラスでワイドレンジのビューを確保し、東西面には一部に日差しを遮る石パネルを採用しました。

また、ガラスは断熱性の高いLow-e複層ガラスを採用し、環境負荷の低減を図っています。

人感センサー・照度センサー付きLED照明など、機能面のみならず環境にも配慮した様々な設備を採用しています。

紀尾井テラス/商業

約18mの高低差がある2つの通りに挟まれた立地を活かし、それぞれに異なるコンセプトを持たせた4つの“おもてなし”フロアで構成される新しい商業施設。

「東京ガーデンテラス紀尾井町」のエントランスとなる商業ゾーンには、豊かな緑地に隣接する広場やオープンカフェやレストランがオープンし、豊かな感性と国際性を備えたビジネスパーソンや近隣にお住まいの方、感度の高い来訪者がさまざまな目的で何度も訪れたくなる、新しい紀尾井町の上質なおもてなし空間を創出します。

紀尾井レジデンス/賃貸住宅

地上21階、地下2階、1LDK~4LDKで総戸数135戸のレジデンスは、多彩なライフスタイルに対応し、緑に寄り添う良好な環境と、都心のアーバンビューを楽しむことができます。

さらに、フィットネスルーム、パーティールーム、カンファレンスルームなどさまざまな共用施設と、毎日の暮らしをサポートする充実のサービス・安心の免震構造は、都心の邸宅と呼ぶに相応しいハイクオリティのレジデンスです。

なる、新しい紀尾井町の上質なおもてなし空間を創出します。

紀尾井カンファレンス

オフィス・ホテル棟4階に、最大400名まで収容可能な様々なご利用スタイルにお応えできるバリエーションに富んだ会議室をご用意します。会議・展示会・セミナー・パーティなど、お客さまのニーズに合わせた最適な設備とサービスをご提供します。

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町

「ホテル・オフィス棟」の30階~36階に位置する「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」は、高層階ならではの素晴らしい眺望を芸術の域にまで高めたギャラリーの名を冠するに相応しい空間に、機能性と快適性を追求した250の客室、日本文化の魅力を堪能できる和食のメインダイニング、イタリアンテイストのオールデイダイニングのほか、特徴の異なる2つのバー、ラウンジ、SPA&フィットネスなどをご用意しております。

サービス面ではITを活かし、お客さまの“嗜好”などを収集・蓄積・共有を強化することでシームレスなサービスの提供を実現し、「ONでもOFFでも24時間お客さまのペースでお過ごしいただけるホテル」を目指してまいります。

旧グランドプリンスホテル赤坂 旧館「旧李王家東京邸」をバンケットなどを備えた「赤坂プリンス クラシックハウス」として営業。

赤坂プリンス クラシックハウス

多くのお客さまに「旧グランドプリンスホテル赤坂 旧館」として親しまれた、美しいチューダー様式の洋館「旧李王家東京邸」は、1930年に旧宮内省内匠寮の工務課長として活躍した北村耕造(きたむら こうぞう)と、技師の権藤要吉(ごんどう ようきち)らの設計により建設され、2011年には東京都指定有形文化財に指定されました。

建設当時の詳細な資料などを基に照明器具や外壁などの主要部分を当時の状態に復原し、気高く優雅な往時のしつらえを取り戻すと同時に、現代の多様なニーズに応えるため、料飲施設やバンケットを備えた「赤坂プリンス クラシックハウス」がオープンします。

 

タグ :           

耳より情報 国内旅行

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車