いちひめさん  ひいな祭行事予定2017年3月3日 市比売神社 縁結び 子授け 女人厄除け 女人守護 節句の年中行事 市比売神社アクセス いちひめじんじゃ住所 行き方 イベント情報 問い合わせ先 ひいな祭 開催日時 開催内容

暮らしのエッセンス

実写版雛段飾り 京都市比賣神社のひいな祭 内容、アクセス、参加料金は?

読了までの目安時間:約 4分

スポンサードリンク

『源氏物語』にも載せられているという厄除信仰と、春の訪れを喜ぶ宮廷行事「ひいな遊び」を再現した「いちひめさんのひいな祭り」を紹介します。

 

市比売神社の御祭神は、全て女神様をお祀りしているところから女性の守り神とされ、地元では「いちひめさん」と呼んで親しまれています。

 

縁結び・子授け、女性全ての願い事にご利益があります。特に「女人厄除け」の神として厄除け女性の参拝者が全国から絶えません。

 

★ひいな祭 (ひいなまつり)

3月3日、市比売神社。その年に選ばれた、「お内裏様」「お雛様」が束帯十二単姿で男びな・女びなに扮し、五人囃子の奏でる雅楽の調べのなか三人官女が桃の花をかざして舞を披露します。

 

 

「ひと雛」には、一般の人から男女一人ずつが選ばれ、「お内裏様」「お雛様」として、十二単の着付け実演に装束の着付けが参拝者に公開されます。

 

その他、神主さん自ら市比売神社の由来と「雛祭りの起源についての解説をして下さったり、普段は手にすることの出来ない、雛人形の原型であるともされる「天児(あまがつ)」が拝見できます。

 

※あまがつ【天児/天倪】とは。意味や解説、類語。形代 (かたしろ) として幼児のそばに 置き、災厄を移し負わせる人形。後世は、幼児のはう姿をかたどった這子 (ほうこ) をも いう。
goo国語辞書より
天児(あまがつ)  写真:インターネットミュージアム

 

平安時代に貴族が行っていた投扇興(扇を飛ばして台の上にある鈴を落とす遊び)や貝合せ・双六などが実演・解説されます。実際に投扇興をやってみることも出来ます。

 

★「ひいな祭」行事予定

2017年3月3日(金曜日)13:00~16:00の予定
・午後1時30分~
ひいな遊び (双六、投扇興)の解説と実演、記念撮影、雛飾りの説明
・午後2時~ 十二単と束帯の着付け実演。
・午後3時~ ひと雛勢揃い、天児ノ儀、官女の舞、 ひな茶の接待など。

 

開催場所:市比賣神社,ひとまち交流館京都
アクセス
・JR京都駅から徒歩20分
・市バス「河原町正面」下車、徒歩5分
・京都バス「河原町五条」下車、徒歩5分
・京阪電車「五条」駅下車、徒歩約10分

 

市比売神社(京都府京都市下京区市姫通河原町五条下ル一筋目西入ル)
問い合わせ先:075-361-2775 / 市比賣神社(社務所9:00~17:00)

 

「市比売」の名は、もともと官営市場東市・西市の守護神として創建され、現在も京都中央市場の守り神としていることに由来しています。

本殿は神社建築としては大変珍しく、北向きに建てられています。
これは市比売神社が皇室守護の神社であることから、北の御所に向かって建てられていると伝えられます。
また、境内には「天の真名井(あめのまない)」という井戸があり、これは京都七名水の1つです。歴代の天皇・皇女の産湯としても使われた名水です。

 

市比売神社公式サイトより

 

 

タグ :           

耳より情報 歳時記・イベント ひなまつり

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車