2月の行事 初午詣で 稲荷詣で 京都伏見稲荷福詣で 伏見稲荷アクセス 行き方 お稲荷様の由来 

暮らしのエッセンス

初午(はつうま)稲荷詣でとは 春を待つ行事

読了までの目安時間:約 4分

スポンサードリンク

新しい年となって早くも1ヶ月が過ぎました。

今年こそ開運して幸せを実感したいと思っているアナタ!

2月の開運行事は、『初午詣で』ですよ。

 

初午とは、2月最初の午 (うま)の日のことで、2018年は 2月7日(水)です。一年のうちで最も運気の高まる日とされています。

 

どこに行けば良いのか?詳しく見ていきましょう。

 

 

スポンサードリンク


 

 

初午詣でとは

初午(はつうま)の”午”とは、十二支(干支)の”うま”のこと。

年だけではなく毎日の日にちにも十二支は使われています。

 

稲荷大神様が稲荷山にご鎮座になったのが、2月最初の午の日であったということから、古くから稲荷詣(いなりもうで)をする風習があります。

 

京都伏見稲荷神社

 

この日には、古くから稲荷神社を詣でる風習があります。

 

そして、お稲荷様に家内安全商売繁盛開運などをお願いします。

各地の稲荷神社には、初午祭が行われるところも多くみられます。

 

「初午詣で」は、本来は旧暦の2月(今の暦でいうと、2月下旬から3月半ば)に行われていました。

 

ですから、春の訪れを待ちわびる時期の行事だったわけです。

 

稲荷神社とは

稲荷神(いなりのかみ、いなりしん)を祀る(まつる)神社のことをいいます。

そして、「稲荷(いなり)」とは「稲生(いねなり)」が縮まった言葉といわれています。

 

もともとは稲荷神は農耕の神様ですが、江戸時代になると商売の神様としても信仰されるようになりました。

 

なかでも、京都の伏見稲荷大社の初午大祭(はつうまたいさい)は有名で広く知られています。

 

伏見稲荷大社

日本各地に3万以上の分祀社(ぶんししゃ)がある稲荷神社の総本社が、京都の伏見稲荷大社です。

 

伏見稲荷大社では初午詣では、『福詣で』とも呼ばれ、前日の巳(み)の日から、ご社頭は参詣者で埋まり、京洛初春第一の祭事とされています。

 

また社頭で参拝者に授与されている「しるしの杉」は商売繁盛・家内安全の御符(しるし)として、古くから拝受する風習が盛んです。

 

  • 住所:京都市伏見区深草薮之内町68番地
  • アクセス電車

JR奈良線「稲荷駅」下車徒歩直ぐ
京阪本線「伏見稲荷駅」下車徒歩5分

 

  • アクセス市バス

南5系統 稲荷大社前下車 東へ徒歩7分

 

お稲荷様の『使い』が狐です。

お稲荷様へは、お使いである狐にちなんで油揚げ、油菓子、いなり寿司などを供えます。

 

いなり寿司の形は地域によって大きく二つに分かれますね。

米俵の形は稲荷神が農耕の神様であったことから、三角形は狐の耳の形からつくられたとされています。

 

 

スポンサードリンク

 

タグ :        

耳より情報 歳時記・イベント

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車