春 お彼岸 由来とする事 2016年はいつ お墓参り 供え物 ぼたもち おはぎ 仏壇の買い替え時期 彼岸の入り 彼岸の中日 彼岸明け

暮らしのエッセンス

春のお彼岸 由来とする事 2016年はいつ

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

彼岸という言葉は、サンスクリット語の「パーラミターを漢字で表した「到彼岸」の略です。

 

元々は仏教の用語で、「煩悩に満ちた現世である此岸(しがん)を離れて修行を積むことで煩悩を脱して、悟りの境地に達した世界(彼の岸)に到達する」という意味です。

 

お彼岸にお墓参りをする風習は、日本だけの独特のものです。

お彼岸の中日である春分の日の意味は「自然を称え、生物を慈しむ」、秋分の日が「祖先を敬い、亡くなった人々を偲ぶ」という意味をもっています。

 

その昔、西は「西方浄土」といわれ、仏様がいる極楽浄土の世界として、西に向かって念仏すれば必ず往生されると信じられていました。

 

そのため、太陽が真東から昇って真西に沈む春分、

「彼岸」と「此岸(しがん‥人間が住む世界という意味)」がもっとも通じやすくなる秋分…この日をお彼岸とするようになりました。

 

また、親類が亡くなってから、初めて迎えるお彼岸を「初彼岸(はつひがん)」といいます。

 

平成28年は

3月17日(木)・・彼岸入り

3月20日(日)・・彼岸の中日(春分の日)

3月23日(水)・・彼岸明け

 

このお彼岸の時期には、仏壇を掃除し、お団子、花などをお供えします。

春にはぼたもち、秋にはおはぎをお供えするのが一般的です。

 

また、仏壇、仏具の買い替えや喪服の新調などもこの時期にあわせてされる方が無難です。

 

ぼたもちとおはぎは同じものですが、ぼたもちは春の牡丹の季節に食べ、おはぎは秋の萩の季節に食べるということから由来しています。

 

その他には、季節の果物やお酒などお供え物は様々です。故人の好物を供えるのも良いですね。

 

また、お墓参りに持っていくものも忘れないように事前に確認しておきましょう!

 

お墓にはどんな物をお供えしてもかまいませんが、お参りをした後には、お花以外のお供え物で、腐るものは基本的に持ち帰るようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

タグ :           

耳より情報 歳時記・イベント

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車