母の日 贈る花がカーネーションのわけ 日本の母の日はいつから 白いカーネーション 

暮らしのエッセンス

母の日 なぜ5月? どうしてカーネーション?

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

母の日は、毎年、5月の第2日曜日です。

 

お母さんに「ありがとう!」の気持ちを伝える日…と言われていますが、そもそものはじまりって何がきっかけ?だったのでしょう。

 

そして、どうしてカーネーションなのか疑問に思ったことはありませんか。
母の日にまつわるお話を調べてみました。

 

日本に『母の日』が伝わったのは大正時代と言われており全国的に広がったのは、第2次世界大戦後だそうです。

 

20世紀初頭、アメリカのウエストヴァージニア州に、「アンナ・ジャーヴィス」さんという女性がいました。

 

 

アンナさんの母親は1905年5月9日に亡くなりましたが、アンナさんは自分を苦労して育ててくれた母親を敬愛し、この母親を敬う気持ちを、母親が亡くなった後も、この世に残しておきたいと母親のための祝日を設ける運動を始めたのです。

 

アンナさんの母親「アン・ジャービス」さんは、「Mothers Day Work Club」というボランティア団体を組織し地域の医療補助活動を行っていました。

 

時代は「南北戦争」でもあり、病気やけがに苦しむ全ての兵士たちに救いの手を差し伸べました。

 

アンさんは南北戦争後も、平和活動や子供たちへの教育支援など幅広く活動を続け、1905年に亡くなったのです。

 

アンナさんの呼びかけに賛同する人たちも増え運動は広がっていきました。
そして1914年、アメリカ連邦議会は5月の第2日曜日を「母の日」とする法律を可決し、翌年施行され、世界で初めて国家全体における「母親のための記念日」が誕生したのです。

 

日本で全国的に「母の日」が広がったのは、1937年森永製菓が「母の日」を全国的に告知したことでした。

 

あいにく戦争によりそのともし火は消えかかりましたが、1947年 戦後ようやくアメリカと同じく5月第2日曜日が「母の日」として制定されました。

 

お母さんの好きな花

 

『白いカーネーション』はアンナさんの母親『アンさんが好きな花』だったそうです。

 

その後、健在であれば「赤いカーネーション」を贈るようになり、栽培技術の進歩により多彩な色のカーションへ。

 

近年ではカーネーションに限らずいろんな花を贈る傾向へとなっているようです。

 

毎日顔を合わせるお母さん、遠く離れて暮らすお母さんへ、まずは元気色に輝くあなたの声」を届けてあげてください。
きっと喜ばれますよ ♪

 

 

タグ : 

耳より情報 歳時記・イベント 母の日・父の日

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車