2018年カレンダー 土曜日が祝日 ゴールデンウィーク 子供の日 韓国の祝日 国民の休日とは 振替休日とは 国民の祝日とは ハッピーマンデーとは

暮らしのエッセンス

こどもの日 2018年土曜と重なる問題 韓国では?

読了までの目安時間:約 4分

スポンサードリンク

2018年のゴールデンウィークの詳細を見てみると4月30日(月)が振替休日となっています。
何だか得した気分ですが、5月5日の「こどもの日」は祝日なのに土曜日です。

土曜日を失った悲しみがフツフツと湧いてきませんか?

 

祝日や振替休日、国民の休日とは?

ハッピーマンデーとは何だったかな?

お隣の国、韓国にも同じような制度がありますので紹介したいと思います。

 

 

スポンサードリンク


 

 

ハッピーマンデーとは

正式には「ハッピーマンデー制度」といい、平成12年(2000年)から実施されています。
公務員や企業を中心に蹴球二日制が浸透したので、月曜日を国民の休日にすることで土曜日、日曜日、月曜日の三連休とし、余暇を過ごしてもらおうという趣旨で制定されました。

 

ハッピーマンデー制度により「成人の日」が1月15日から1月第2月曜日へ、「海の日」が7月20日から7月第3月曜日へ、「敬老の日」が9月15日から9月第3月曜日へ、「体育の日」が10月10日から10月第2月曜日へ移動しました。

 

振替休日とは

国民の祝日に関する法律第3条第2項によると「『国民の祝日』が日曜日に当たる時は、その日後においてその日に最も近い『国民の祝日』ではない日を休日とする」と規定されています。
これが、「振替休日」です。

 

振替休日は日曜日に重なった時しか対象にならないので、土曜日に祝日が重なると少し損した気分になりますね。

国民の休日とは

前後が祝日である平日は、「国民の休日」となります。

平成19年(2007年)に祝日法の一部改正により、5月4日がみどりの日に改められましたが、それ以前は5月3日が憲法記念日、5月5日がこどもの日で、間に挟まれた5月4日が平日の時は「国民の休日」でした。

 

今では、みどりの日となり完全に3連休となったので、「国民の休日」となる可能性は9月の敬老の日と春分の日に挟まれる平日が2026年にあります。
しばらく「国民の休日」は耳にしなくなるわけです。

 

○○旅行

韓国の祝日 2018年

韓国では、旧正月(ソルラル)、こどもの日、秋夕(チュソク)の祝日が日曜日と重なる場合、次の平日が振替休日になります。

 

注目すべきは、このうち、「こどもの日」については土曜日と重なった場合にも次の平日が振替休日になります。

 

したがって2018年の「こどもの日」は、5月5日→7日に振り替えとなっているのです。
「こどもの日」に相当する記念日(オリニナル)がもととなり、戦後1946年に祝日として制定されたものだそうです。

韓国では、これに8日の「父母の日」、15日の「師匠(先生)の日」と記念日が続きます。

 

旧正月、釈迦誕生日(仏誕節)、秋夕の3つは旧暦を基準とする祝日なので、カレンダー上の日付は毎年変わります。

釈迦誕生日(仏誕節)は旧暦の4月8日(2018年は5月22日)、お盆にあたる秋夕(チュソク)は旧暦の8月15日(2018年の休みは9月23日~25日)です。

 

韓国では記念日は多いけれども祝日は実に少ないといえます。

ゴールデンウィークの休日をどう過ごされますか?

 

 

スポンサードリンク

 

タグ :     

耳より情報 歳時記・イベント 端午の節句

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車