日本のお祭り 端午の節句 端午の意味とは 端午の節句の風習 柏餅 こいのぼり 五月人形を飾るわけ 菖蒲の節句 菖蒲湯

暮らしのエッセンス

端午の節句のたんごの意味って何?

読了までの目安時間:約 4分

スポンサードリンク

五月の風は爽やかで、鯉のぼりと早苗の田んぼの光景が一番に浮かんできます。

 

現在のカレンダーでは、5月5日は「子供の日」で祝日となっていますが、『端午の節句』がもとになっているのは紛れもない事実ですよね。

 

端午の意味は何でしょうか?

鯉のぼりを立てることになった始まりのお話やその他の習慣を紹介します。

 

 

スポンサードリンク


 

 

よく「ひな祭り」は女の子のお祭り、「端午の節句」は男の子のお祭りなんて言って、どうしてひな祭りは祝日で休みではないの?って思いませんでしたか。

 

今は「子供の日」として女の子も男の子も、”国の宝”として大切にされているか、教育は適切か食事はどうかなど振り返って考えるための大切な日となっています。

 

端午の意味

端午とは干支(かんし)を用いた表し方で、5月の初めの午の日(うまのひ)という意味です。

端午の「端」には初めという意味があり、「午」は五と同音であることから、初めの午の日あるいは毎月の五日のことを、古くは端午といっていました。

 

ショウブの節句

中国ではこの日に菖蒲酒を飲むなどして、邪気を払う行事が行われました。
また、日本でもかつて宮中では、端午の日に菖蒲ではちまきをしたり、菖蒲湯につかったりする風習がありました。
これは中国から伝わった健康を保つための行事で、時にこの時期に咲く菖蒲には薬としての効き目があるとされていたため、菖蒲の節句とも呼ばれていました。

 

菖蒲の花と菖蒲湯
 

こいのぼりの由来

やがて菖蒲が尚武(軍備を盛んにすること)と音が同じであることから、端午の節句は武士の家に広まり、男の子が強く育つように願う行事に変わっていったのです。

 

戦いの時に立てる幟(のぼり)を庭に立て、鍾馗様という中国の神様や金太郎などの勇ましい人形や絵を飾りました。

 

この行事は一般の人々にも広まりましたが、武士でもないのに幟を立てるのは気が引けるということで、滝のぼりをするたくましい魚、鯉をのぼりの変わりにはぜに流したのが、鯉のぼりの始まりです。

 

ちまきや柏餅を食べるわけは

ちまきはもち米などをササや竹の皮で巻き、三角形などに縛った食べ物です。

中国から伝わったもので、端午の節句に食べる習わしがありましたが、江戸時代の中頃から柏餅も食べるようになりました。
柏(かしわ)は、神聖な木だといわれ、また皇居を守る軍人をさす言葉でもあったので、男の子が強くなるように願う端午の節句にはふさわしいとされたのです。

次代を背負い命のリレーを引き継ぐ大切な跡取りとしても、丈夫に育って欲しいという先人たちの深い願いが詰まったお祭りだったのですね。

今改めてその思いの原点に立ち返らなければ…と、思わせてくれる日本の素敵な風習だと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

タグ :     

耳より情報 歳時記・イベント 端午の節句

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車