台湾 台北市 新北投 梅庭 書道家 避暑地 見学 1930年代の歴史的建造物 見学無料 新北投梅庭 行き方 営業時間 休館日

暮らしのエッセンス

台湾 台北市新北投「梅庭」書道家の避暑地を見学

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

台北市の史跡のひとつにも数えられる「梅庭」は、新北投温泉街のほぼ中央に位置します。

 

こちらは数年前に一般開放されたばかりの比較的新しい新北投の観光名所です。

 

「鼎泰豊」「行天宮」「台湾電力公司」などの看板の題字を書いた有名な書道家・于右任が避暑地として過ごしていた邸宅です。

 

于右任は書道家としてだけではなく、清末~中華民国にかけての政治家・軍人・新聞記者・詩人…としても広く知られています。

 

MRT新北投駅から噴水公園を見ながら坂を上がると10分程度で着くことができます。

 

山の起伏に合わせて建造されたこちらは、入口である1Fは向かいの通りから見ると2F、という造りになっています。

 

 

その1Fはかつて防空用の非難室になっており、西洋の鉄筋コンクリート構造が取り入れられました。また、2Fは竹と土で作られた土壁に漆喰が塗られ、木材を組み合わせた格子状の天井や木製の窓枠・梁・柱など和風建築様式が採用されています。

 

屋根は黒瓦で、梅の咲く季節は特に、日本人にとってどこか懐かしさを感じられる風景です。

 

台湾 梅庭の正面

 

入場は無料ですが、建物保護のため1度に入れる人数が決まっています。
係員の指示に従い、また内部へは履物を履き替えてお入りください。
入口には台北旅遊服務中心(観光パンフレット)も設置されているので、観光情報も合わせて入手できます。

 

住 所:台北市北投區中山路6號
電話番号:(02)2897-2647
営業時間:9:00~17:00
休業日:月曜、祝日
入館料:無料
日本語:不可

 

行き方
MRT新北投駅を出て、目の前のセブンイレブン脇の道(中山路)を右手に噴水公園を見ながら直進。左手にケタガラン原住民博物館あり。温泉博物館を通り過ぎ、さらに直進。Y字路を右側へ進むと、露天温泉浴池のすぐ隣に「梅庭」の表札の門が見えます。

 

歴史的建造物に興味がある方、また「書」の世界に興味がある方必見です。

 

 

タグ :      

耳より情報 海外旅行 台湾

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車