中秋節 秋夕 チュソク 추석 韓国  チュンチュジョル 2016年秋夕休日は いつ 混雑状況 中国 中秋節の風習 月見 十五夜 韓国のお盆  

暮らしのエッセンス

中秋節~月を愛でるアジアの行事

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

平成28年の「十五夜」は9月15日(木)となり、まさに十五夜となります。

 

「十五夜」の月を鑑賞する慣習は中国に由来します。宋代随一の詩人、蘇軾(そしょく)は「中秋の月」を宝玉の皿にたとえたと言われています。

 

中国では「中秋節」として盛大にお祝いをしますので、中秋節は「祝日」となっています。

 

日本と同じように『お月さま』を見上げてお祝いするアジアの様子を紹介します。

 

 

スポンサードリンク


 

 

中国の中秋

中国では、家族の親睦や民族の団結を祈念する願いの日でもあり 当日、月餅を食べながら月を観る慣習がありましたが、近年は月餅はひと月以上前から知人に配るようになったため、中秋当日までに月餅は食べ飽きてしまい、中秋当日には売れ残りを恐れて安売りされるという現象も起きています。

 

韓国の秋夕

韓国では旧暦8月15日に行う「秋夕(チュソク、추석)」という中秋節の行事の中に迎月という月見がありますが、秋夕の主体はお盆に似た墓参りなどの家族行事であり、迎月は主要な風習ではなくなっています。

 

韓国の大きな名節のひとつである「秋夕」は旧暦8月15日に当たる日で、家族全員が集まって祖先に茶礼(チャレ)を行い、一緒に食事をしながら家族の団欒を楽しみます。

 

多くの韓国人は、秋夕になると親族と過ごすため親族が住んでいる地域を訪問します。

 

このため秋夕には普段とは異なりのんびりと韓国の様々な文化と伝統体験を楽しむことが出来ます。

 

2016年の秋夕は
9月14日(水)
9月15日(木)
9月16日(金)
の3日間が、韓国のカレンダーで祝日の赤字になっています。

 

17日(土)、18日(日)も休みとなると、5日間 お休みという会社もあるようです。

 

韓国の秋夕は 日本のお正月よりも大きなイベントで、多くの韓国人は 家族と過ごすために一斉に帰省します。

 

秋夕の混雑 秋夕

 

家族や親戚たちと集まり、そのために電車高速道路混雑しています。

 

空港なども韓国人が海外国内旅行にいく人のピークとなるため、混雑します。

 

また、お店も閉まっていることが多いので、この時期に 韓国へ旅行に行く場合は注意が必要です。

 

秋夕はハンカウイまたはチュンチュジョル(仲秋節)とも呼ばれています。

 

Wikipediaより

 

 

スポンサードリンク

 

タグ :    

耳より情報 海外旅行 韓国

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車