涼しさを求めて おふさ観音風鈴まつり  夏の厄払い 奈良県 槇原市 風鈴まつり 開催期間 時間 アクセス 風鈴のいわれ 風鈴まつりの始まり 厄除け

暮らしのエッセンス

おふさ観音風鈴まつり  夏の厄払い

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

風鈴の起源は「風鐸」といって、古代中国で、寺の軒先に吊り下げた小さい鐘のようなものです。
風に揺られて鳴る音で、魔除けになるとされました。
これが日本に仏教伝来と共に伝わり、平安貴族たちが自分の家に吊ったのが風鈴の始まりだそうです。

 

このような言われからも、風鈴はお寺の行事にふさわしいものだと考え、境内いっぱいに全国から寄せられた約2,500個の風鈴を吊り下げたのが「風鈴まつり」の始まりです。

 

その昔、おふさ観音の地元では、夏に厄払いのお参りをするという風習がありました。
冷蔵庫やエアコンのなかった当時は、夏になると食あたりを起こしたり、暑さで体力が落ちて病気になったりすることが多かったようです。
おふさ観音は、もともと身体の健康を授けるお寺ですから、無事に夏を乗り切れるようにと厄払いをされたのでした。

スポンサードリンク


2003年から始めたこの催しは、今や大和の夏の風物詩として知られるようになりました。

 

★おふさ観音 風鈴まつり

開催期間 : 2016年7月1日~ 8月31日
※雨天・荒天時も、お寺は開放されています。

入場時間 : 午前7時~午後4時半(開門は午後5時まで)
入場料 : 無料(本堂内は、拝観料300円)
開催場所 : 高野山真言宗 別格本山 おふさ観音
奈良県槇原市小房町6-22 / 0744-22-2212
 おふさ観音

 

アクセスバス
◎大和八木駅→「小房」停留所下車→徒歩5分
◎橿原神宮前駅→「小房」停留所下車→徒歩5分
駐車料:無料(12台)

 

★「茶房 おふさ」夏期限定メニュー

かき氷「茶房おふさ」では、夏期限定メニューとして、フワフワのかき氷が提供されています。昔ながらの作り方にこだわった、熱い夏にぴったりの一品!参拝の帰りにはぜひご賞味あれ。
・日時:期間中(不定休) 午前10時~午後4時
・価格 500円~700円

 

 

風鈴まつりを通して、先人たちの知恵の素晴らしさを伝えたいという想いもあります。
風鈴や浴衣、すだれなどによって、夏の暑さをただつらいものとせず、楽しんで乗り切ろうという発想には、現代人にはない心の豊かさが感じられます。
境内に響き渡る風鈴の音が、厄を払い、心地良い涼を運んでくれることでしょう。

 

槇原市公式サイトより

スポンサードリンク

 

タグ :    

耳より情報 祭り・イベント

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車