神田祭 2016 陰年 東京のまつり 関東の祭 イベント開催日程 神事・催事 神田明神 天下まつり まつり詳細 本祭りと陰祭り 由来 今年はどっち アクセス 駐車場情報 交通規制 開催期間 

暮らしのエッセンス

神田祭2016 陰年のイベント開催日程(神事・催事)

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

天下まつりのひとつである神田祭は、江戸情緒を今に残す活気あるお祭りのひとつです。初夏を待ちわびる人々にとっても大切な行事となっているようです。

2016年はどんなイベント日程になっているのでしょうか?

 

江戸時代には、将軍家の産土神である日吉山王権現(現在の日枝神社)と、平将門にゆかりある神社で江戸の総鎮守である神田神社(神田明神)の二つのみが、江戸城内に山車を入れることを許され将軍の上覧を配しました。

 

酒呑童子

なので、この二つは特別に「天下祭」とも呼ばれ、交互に本祭と蔭の祭りを行い、本祭の年のみ隔年で江戸場内へというのが決まりだったのだそうです。

※2016(平成28)年の神田祭は“蔭祭”ですので、神幸祭神輿宮入は執り行いませんが、大祭期間中以下の神事や催事を行います。

5月14日(土)、15日(日)氏子町・神田和泉町町会神輿町内渡御
※詳細は、神田和泉町町会ホームページをご覧ください。
5月16日(月)11時〜 表千家家元奉仕献茶式(社殿内)
18時~明神能・幽玄の花(金剛流薪能)(社殿前特設舞台)
5月17日(火)14時〜 例大祭(社殿内)

※以上の神事、祭事は都合により日時時間等が変更する場合がございます。

 

一の宮鳳輦、二の宮神輿、三の宮鳳輦、神社大神輿の奉安(鳳輦・神輿奉安庫) 将門様御尊像奉安、将門塚保存会神輿渡御なども例年なら催されていましたが、2016年は行われないとの事です。

神田祭は日本3大まつりといわれていますが、今年はこのように規模の小さなイベント日程になっていますので、注意してください。交通規制や駐車場の心配は深刻ではないように思います。

 

日時 : 5月14日(土)〜5月15日(日)

場所 : 神田明神 (外神田2-16-2)

アクセス

JR「御茶ノ水駅」聖橋口・徒歩5分

JR「秋葉原駅」電気街口・徒歩7分

丸ノ内線「御茶ノ水駅」聖橋口・徒歩5分

千代田線「新御茶ノ水駅」聖橋口・徒歩5分

銀座線「末広町駅」徒歩5分

日比谷線「秋葉原駅」徒歩7分

 

主催 : 神田明神

お問合せ先 : 神田明神

TEL:03-3254-0753

 情報提供:神田明神 HP、東京観光サイト

 

タグ :      

耳より情報 祭り・イベント

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車